事例:NEC、名古屋銀行にHyper-Vベースの仮想化統合基盤を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:NEC、名古屋銀行にHyper-Vベースの仮想化統合基盤を導入


掲載日:2013/08/07


News

 日本電気株式会社(NEC)は、株式会社名古屋銀行の仮想化統合基盤を構築し、3月から稼動していると発表した。

 名古屋銀行のシステムは、主に基幹系、業務系、CRM/DWH系で構成され、今回の構築では、業務系システムにおいてMicrosoft Windows Server 2012 Hyper-Vを活用した仮想化統合基盤を導入し、第1ステップとして9月までに業務システムサーバ180台のうち50台を集約移行する。物理サーバ台数の削減や、運用管理の標準化・共通化により運用管理コストの削減も可能となり、今後5年間でTCOを50%削減する予定であると伝えている。

 また、すべての取引情報を格納したCRM/DWHシステムは、今回、DBソフトに新版のSQL Server 2012を活用する。これにより、従来30分かかっていたデータ集計が7秒で実行可能となり、従来1ヵ月分のデータしか扱えなかったデータ分析においても、過去5年分のデータを対象に実行できるようになったという。

 名古屋銀行は今後、デスクトップ環境の仮想化(シンクライアント)、ビッグデータへの活用も検討していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049255


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ