矢野経済研究所、CAE市場についての世界と国内における調査実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、CAE市場についての世界と国内における調査実施


掲載日:2013/08/07


News

 株式会社矢野経済研究所は、CAE市場についての世界及び日本国内における調査を実施したと発表した。

 同調査におけるCAE(Computer Aided Engineering)とは、コンピュータにより製品の設計や開発工程を支援するという概念であり、それを可能にするためのツールとして、強度や流体における抵抗などの特性を計算する様々な解析システムを指すとしている。

 調査期間は4月〜6月、対象はCAEベンダで、調査方法は同社専門研究員による直接面談、電話・メールによるヒアリングを併用している。

 同社は調査結果サマリーとして3つ発表している。1つは、2012年のCAE世界市場規模は、前年比10.2%増となる26億5300万米ドル(事業者売上高ベース)となり、今後も市場は成長を続け、2017年の同市場規模は41億米ドルになると予測している。

 2つめは2012年のCAE日本市場規模は、前年比7.1%増となる598億円(事業者売上高ベース)となり、今後も緩やかに成長を続け、2017年の同市場規模は810億円になると予測している。

 3つめは、解析シミュレーション実行用の計算環境をクラウド経由で提供するサービスが上市されるなど、CAE市場におけるクラウドコンピューティングの活用は現実のものとなっているという。クラウド化は、CADよりもCAEが早く普及すると予測していたが、それを裏付ける形となったと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? 【Cylance Japan】 サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム 【ニューロベイス】 SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは? 【データコア・ソフトウェア】 2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン 【トレンドマイクロ】 「現場」の長時間労働削減 すぐに始められる改善法の正体 【インターコム】
アンチウイルス 開発ツール 垂直統合型システム 検疫 その他スマートデバイス関連
防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは? 2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン 「現場」の長時間労働削減 すぐに始められる改善法の正体
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049248



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ