CA Technologies、統合型メインフレーム管理製品群を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、統合型メインフレーム管理製品群を強化


掲載日:2013/08/07


News

 CA Technologiesは、統合型メインフレーム管理製品群「CA Chorus」の構成製品で、インフラストラクチャ管理の簡略化を図れ、IT運用管理者の生産性向上を図れる「CA Chorus Infrastructure Management for Networks and Systems」の出荷を開始した。また、DB2やIMSのパフォーマンス改善を図れる「CA Database Management for DB2」と「CA Database Management for IMS」の新版も発表した。

 「CA Chorus」は、DB2 DB、セキュリティ、ストレージ、ワークロード、パフォーマンス、システム、オペレーションの7つの管理を提供するコンセプトで設計されている。今回出荷される「CA Chorus Infrastructure Management for Networks and Systems」は、システム、ネットワーク、DB2 for z/OSのパフォーマンス管理アプリケーションを単一の分かりやすいインターフェースに統合でき、ネットワークとシステムの管理の簡略化と合理化を支援する。また、問題の予測・検知や、より迅速な解決を行なうことでのIT管理者の生産性向上を支援するほか、中断の低減や、システムの可用性向上を図ることで、顧客満足度の向上を支援する。

 「CA Chorus Infrastructure Management for Networks and Systems」と、既存の「CA Chorus for DB2 Database Management」「CA Chorus for Security and Compliance Management」「CA Mainframe Chorus for Storage Management」の管理機能を統合することで、DBに問題があるのか、ストレージに問題があるのかを迅速に把握できるほか、セキュリティ面からも違反や権限不備などを確認でき、実際に必要な対処を「CA Chorus」の各管理機能から実施できる。メインフレーム管理・操作の単一ポイントとして「CA Chorus」を使用することで、ユーザ・エクスペリエンスの向上や、ITスタッフの作業効率向上、運用コストの削減を図れる。

 「CA Chorus」は、製品を問わず共通の管理ワーク・スペースを通じてアクセスできる。ワーク・スペースは作業のメインポイントで、ワーク・スペースを通じてメインフレーム管理を統合できるほか、DB管理者・セキュリティ管理者・ストレージ管理者・インフラ運用管理者といった異なる管理者に対して、同じルック&フィールが提供されるため、アプリケーションごとに異なるユーザ・インターフェースを習熟することが不要になる。


出荷日・発売日 2013年8月1日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? 【F5ネットワークスジャパン】 必要だけど荷が重いシステム運用管理 他の企業はどうしている? 【東日本電信電話】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能 必要だけど荷が重い“システム運用管理” 他の企業はどうしている? オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049246


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ