CA Technologies、統合型メインフレーム管理製品群を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、統合型メインフレーム管理製品群を強化


掲載日:2013/08/07


News

 CA Technologiesは、統合型メインフレーム管理製品群「CA Chorus」の構成製品で、インフラストラクチャ管理の簡略化を図れ、IT運用管理者の生産性向上を図れる「CA Chorus Infrastructure Management for Networks and Systems」の出荷を開始した。また、DB2やIMSのパフォーマンス改善を図れる「CA Database Management for DB2」と「CA Database Management for IMS」の新版も発表した。

 「CA Chorus」は、DB2 DB、セキュリティ、ストレージ、ワークロード、パフォーマンス、システム、オペレーションの7つの管理を提供するコンセプトで設計されている。今回出荷される「CA Chorus Infrastructure Management for Networks and Systems」は、システム、ネットワーク、DB2 for z/OSのパフォーマンス管理アプリケーションを単一の分かりやすいインターフェースに統合でき、ネットワークとシステムの管理の簡略化と合理化を支援する。また、問題の予測・検知や、より迅速な解決を行なうことでのIT管理者の生産性向上を支援するほか、中断の低減や、システムの可用性向上を図ることで、顧客満足度の向上を支援する。

 「CA Chorus Infrastructure Management for Networks and Systems」と、既存の「CA Chorus for DB2 Database Management」「CA Chorus for Security and Compliance Management」「CA Mainframe Chorus for Storage Management」の管理機能を統合することで、DBに問題があるのか、ストレージに問題があるのかを迅速に把握できるほか、セキュリティ面からも違反や権限不備などを確認でき、実際に必要な対処を「CA Chorus」の各管理機能から実施できる。メインフレーム管理・操作の単一ポイントとして「CA Chorus」を使用することで、ユーザ・エクスペリエンスの向上や、ITスタッフの作業効率向上、運用コストの削減を図れる。

 「CA Chorus」は、製品を問わず共通の管理ワーク・スペースを通じてアクセスできる。ワーク・スペースは作業のメインポイントで、ワーク・スペースを通じてメインフレーム管理を統合できるほか、DB管理者・セキュリティ管理者・ストレージ管理者・インフラ運用管理者といった異なる管理者に対して、同じルック&フィールが提供されるため、アプリケーションごとに異なるユーザ・インターフェースを習熟することが不要になる。


出荷日・発売日 2013年8月1日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? 年間約2100万人365日運航を支える「業務支援ツール」導入事例 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月)

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049246


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ