ソリトン、マルチデバイス対応のセキュアアクセス製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソリトン、マルチデバイス対応のセキュアアクセス製品を出荷


掲載日:2013/08/06


News

 株式会社ソリトンシステムズ(ソリトン)は、セキュリティ機能を備えたマルチデバイス対応の独自ブラウザで、ゲートウェイを経由して、企業の社内システム・クラウドシステムを安全に利用できる、セキュアアクセスソリューション「Soliton SecureBrowser/Soliton SecureGateway V1.0」の出荷を8月29日に開始する。

 「Soliton SecureBrowser」は、保護された空間で動作し、端末へのデータ保存や外部へのコピーが禁止され、端末にキャッシュを残さないなど、様々なセキュリティ機能を装備しているほか、Windows/Mac/iOS/Androidに対応しているため、マルチデバイス環境でも、統一したセキュリティポリシーを適用できる。「Soliton SecureBrowser」と「Soliton SecureGateway」間では、暗号化通信を行なうため、別途VPN機器は不要で、未許可のアプリは社内システムにアクセスできない。

 「Soliton SecureGateway」へのアクセスには、NetAttest EPSで発行したデジタル証明書を利用した強固な認証を利用できる上、「Soliton SecureGateway」接続後に、各種システムにアクセスするには、Smart eGateを利用した透過的なシングルサインオンを行なうこともできる。また、ID管理や統合ログ分析など、同社の各種製品を組み合わせることで、構築から運用までを考慮したトータルなソリューションとして提供される。

 「Soliton SecureBrowser」は、Windows/Mac/iOS/Androidの全OSでサンドボックス化されたアプリとして動作し、他アプリからの不正なアクセスを禁止でき、安全な空間でブラウジングできる。「Soliton SecureGateway」からのログアウトやブラウザ終了時などには、「Soliton SecureBrowser」内のデータが消去される。また、「Soliton SecureGateway」に接続したタイミングで、管理者が指定したブックマークを「Soliton SecureBrowser」に対して一括配布できるほか、Windows/Mac/iOS/Androidの全OSで、タブブラウジングに対応する。

 価格は、「Soliton SecureGateway」(SSG-ST81-A)本体が220万円から(500ユーザ使用権、初年度センドバック保守込)で、「Soliton SecureBrowser」は無償配布される。


出荷日・発売日 2013年8月29日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049245


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ