キヤノンITS、セキュリティ製品をデスクトップ仮想化製品に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンITS、セキュリティ製品をデスクトップ仮想化製品に対応


掲載日:2013/08/06


News

 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、法人向けライセンスのセキュリティ製品「ESET Endpoint Protection」シリーズを、デスクトップ仮想化製品「VMware Horizon View 5.2」「Citrix XenDesktop 5.5」に正式対応させた。

 今回、デスクトップ仮想化の両製品に対応したのは、総合セキュリティ製品「ESET Endpoint Protection Advanced」とウイルス/スパイウェア対策製品「ESET Endpoint Protection Standard」。「Advanced」に同梱されるプログラム「ESET Endpoint Security V5.0」と、「ESET Endpoint アンチウイルス V5.0」の2つのクライアント用プログラムが、「VMware Horizon View 5.2」「Citrix XenDesktop 5.5」のゲストOSに対応した。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

未知のマルウェアをどう防御する? 主要ツールで検証するシナリオ別脅威対応 【マカフィー】 次世代アンチウイルス×EDR──新たなエンドポイントセキュリティとは? 【マクニカネットワークス】 次世代エンドポイントセキュリティの決定版 「All-in-One EDR」とは? 【マクニカネットワークス】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 あのWannaCryも18カ月前に防げていた――脅威の検知率を誇るアンチウイルス 【NECソリューションイノベータ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
未知のマルウェアをどう防御する? 主要ツールで検証するシナリオ別脅威対応 次世代アンチウイルス×EDR──新たなエンドポイントセキュリティとは? 次世代エンドポイントセキュリティの決定版 「All-in-One EDR」とは? AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 あのWannaCryも18カ月前に防げていた――驚異の検知率を誇るアンチウイルス

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049236


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ