ユニテックス、富士通モデルの保守切れ対応に適したCMT装置発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニテックス、富士通モデルの保守切れ対応に適したCMT装置発売


掲載日:2013/08/06


News

 株式会社ユニテックスは、富士通製2分の1インチカートリッジ磁気テープ装置「UMT-F490EWS」シリーズを発売した。標準価格は560万円から。

 「UMT-F490EWS」シリーズは、従来からのCMTメデイアを利用したデータ交換業務の継続運用を図れ、富士通のモデル「F6479C/F6479CA」の保守切れ対応に適したCMT装置。36トラックリード/ライト、18トラックリードのシングルモデルとオートローダモデルが用意されている。IBM 3480/3490/3490E形式の磁気テープに対して、書込フォーマット/メディアともに互換性を備えているほか、IDRC/EDRCデータコンパクションを標準サポートしている。また、毎秒3MBの高速データ転送を行なえる。

 データ変換ソフトウェア「TapeTRAN2 for Windows」が同梱され、JIS/IBM/KEIS/JEF/JIPS/EUC/UNISYSその他の漢字コード変換を行なえるほか、EBCDICコードとJISコードのANKコード変換など各種文字コード変換に対応している。マルチファイル/マルチボリュームに対応しているほか、コマンドラインを利用したバッチ処理に対応している。また、EasyTRANを使用したGUI操作でデータ変換を行なえる。

 データ暗号化ソフトウェア「TapeTRAN2 COMPLOCK II for Windows」では、データの圧縮/暗号化/解凍/復号化を行なえるほか、開発ツールキット「CTTools」では、ユーザアプリケーションとの連携を図れる。また、納入後5年間の保守サポートが保証され、24時間365日、9時〜21時の12時間365日、平日9時〜17時の保守サポートメニューから業務運用に合わせで選択できる。


出荷日・発売日 2013年8月5日 発売
価格 560万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049209


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ