Sansan、法人向け名刺管理のサービス名称を変更

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Sansan、法人向け名刺管理のサービス名称を変更


掲載日:2013/08/05


News

 Sansan株式会社は、法人向けのサービス名称を8月1日付で「リンクナレッジ」から「Sansan」に変更したことを発表した。これにともない「Sansan」ブランドの認知拡大のため、TVCMを8月4日より放映開始するという。

 「リンクナレッジ」は、Sansanが2007年の創業より提供している法人向けクラウド名刺管理サービス。新しいサービス名称となる会社名の「Sansan」には以下の想いが込められてると伝えている。

 Sansanによると、“San”は“ARIGATO”“KONNICHIWA”などと並び世界中で通じる日本語の1つで、日本人を呼ぶ時の敬称である“San”は英語の“Mr.”や“Ms.”にあたる“人”を象徴する言葉である。名刺という“ビジネスの出会いの象徴”を資産に変え、人と人=“San”と“San”を繋げることで、働き方に革新を起こすことを目指しているという。そして“San”のように日本からグローバルに広がる、世界を変える新たな価値を生み出したいと考えていると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】 「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート 【ヴイエムウェア株式会社】 ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】
ファイル転送 IT資産管理 垂直統合型システム データ分析ソリューション 無線LAN
インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
“保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 Amazonギフト券が当たる「ハイパーコンバージドインフラ」アンケート ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049184



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ