この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT、自己株式の取得状況に関して発表


掲載日:2013/08/05


News

 日本電信電話株式会社(NTT)は、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づく自己株式の取得について、下記のとおり実施したことを発表した。

 取得した株式の種類は普通株式で、取得した株式の総数は960万3900株、株式の取得価額の総額は496億8909万1953円と伝えている。取得期間は7月1日から7月31日までで、東京証券取引所における市場買付で取得したという。

 なお、2013年5月10日開催の取締役会における決議内容で、取得対象株式の種類は普通株式、取得し得る株式の総数5000万株(上限、自己株式を除く発行済株式総数に対する割合4.22%)、株式の取得価額の総額2500億円(上限)、取得期間は2013年5月13日から2014年3月31日までとしており、これに基づき取得した自己株式の累計(2013年7月31日現在)は、取得した株式の総数で2980万5100株、株式の取得価額の総額1530億7291万2413円となると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】
プロジェクト管理 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 統合ログ管理
ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049178



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ