採用:日商エレ、ロンドウック工業団地にクラウドサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:日商エレ、ロンドウック工業団地にクラウドサービスを提供


掲載日:2013/08/05


News

 日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は、ベトナム現地法人のNISSHO ELECTRONICS VIETNAM COMPANY LIMITED(日商ベトナム)を通じて、KDDI Vietnam Corporation(KDDIベトナム)とともに同国南部ドンナイ省のロンドウック工業団地(開発事業主:Long Duc Investment Company Limited)のテナント企業に、8月1日よりクラウドサービスを提供したと発表した。

 ロンドウック工業団地は、日商エレのIaaS型クラウド基盤ソリューション「Nissho-Blocks」を導入し、団地内のIT管理センタと各テナント企業を光ファイバで接続した。安全かつ高速なIT環境が整ったことにより、今回、テナント企業に利用型でのサーバサービスとアプリケーションサービスの提供を開始したという。

 従来からの工業団地では、各テナント企業がアプリケーションを導入する場合、自己負担でサーバ環境を構築してアプリケーションのライセンスを購入するか、独自にインターネット回線を契約してインターネット上のサービスを利用するかのどちらかで対応しているという。前者は初期費用やメンテナンス労力に負担がかかり、後者は、構内専用線に比べ相対的に低速でセキュリティリスクも大きいという問題点があるとしている。

 次世代の工業団地には、旧来のインフラストラクチャ(電気・ガス・上下水道・物流網)に加えて、生産性を左右する条件としてIT環境も含まれており、次世代工業団地の1つであるロンドウック工業団地は、ベトナム国内で注目を集めているという。今回の「Nissho-Blocks」導入により、同団地内ではクラウドコンピューティングによるITサービスが可能になり、テナント企業は自前のインフラストラクチャが不要で、求めるときに求めた分だけITサービスを利用できるとともに、高速で安全な回線に接続でき、保守員常駐のサポート体制も用意されているという、オンプレミスのようなメリットも享受できるとしている。

 ロンドウック工業団地では、双日株式会社を中心にベトナムに進出する日系グローバル企業が安心して操業できるようサポート体制を敷いており、同グループのIT中核企業である日商エレと、ベトナムでソリューションの提供実績のあるKDDIベトナムが連携して、IT関連のサポート役を担い、各テナント企業をサポートしていくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049168


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ