日立、VSPのベンチマークテストで世界最高性能を達成

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、VSPのベンチマークテストで世界最高性能を達成


掲載日:2013/08/02


News

 株式会社日立製作所は、Storage Performance Council(SPC)のベンチマークテストであるSPC Benchmark-1において、エンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」(VSP)がデータ入出力の処理速度で世界最高性能を達成した(7月11日時点と発表した)。

 SPCは、ストレージベンチマークの定義や標準化、促進を目的として、ストレージベンダによって設立された非営利団体。コンピュータ業界やユーザに客観的で検証可能な性能データを普及させることを推進しているという。

 同ベンチマークテストでは、高速なデータ処理ができる、日立独自のフラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash」(HAF)と、フラッシュ媒体の性能を引き出すデータ処理高速化ソフトウェアである「Flash acceleration」を搭載した「VSP」によって、エンタープライズディスクアレイ製品として世界最高の1秒あたりのデータ入出量処理速度となる60万2019.47SPC-1 IOPS1を達成したという。また、入出力データを処理する際の1秒間あたりの価格性能値においても、従来比で65%向上(2011年12月31日時点でのSPC Benchmark-1測定値との比較)となるSPC-1 IOPS1あたり2.86ドルを達成した(国内販売価格の場合は異なる)と伝えている。

 今回世界最高性能を達成した「VSP」は、容量あたりの導入コストに優れた「HAF」と、「HAF」の性能を引き出す「Flash acceleration」の組み合わせ、更に新しい仮想化機能により、データ処理の高速化とTCO(Total Cost of Ownership)の削減を同時に可能にするとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 【NetMotion Software】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 Windows操作ロボット 「WinActor」 【NTTデータビジネスブレインズ】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】
ネットワーク管理 その他開発関連 その他開発関連 その他PCソフト関連 会計システム
ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? さまざまなアプリケーションを自動化可能な純国産RPAツール。ユーザー部門でも直感的に操作が可能なGUIを装備。コンパクト設計でスモールスタートにも最適。 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049145



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ