フレームワークス、リアルタイム貨物動態管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フレームワークス、リアルタイム貨物動態管理システムを発売


掲載日:2013/08/01


News

 株式会社フレームワークスは、リアルタイム貨物動態管理システム「Logistics Trace System(iLTS)」をクラウドサービスとして、8月下旬に発売する。

 「iLTS」では、同社の倉庫管理システム(WMS)と、貨物情報の動態管理ソリューションを連動させることで、物流倉庫の入荷から出荷、納品(ラストワンマイル)までをリアルタイムでトレースできる。これにより、積載中のアイテムとそれぞれの在庫情報、車両の位置、届け先、販売先への到着予定時間をリアルタイムで検索・通知できる。届けるタイミングを精緻に把握できるようになることで、待ち時間のストレス低減を図れ、顧客満足向上を図れる。特に、ネット通販事業と実店舗を融合したオムニチャネルを支援する物流情報基盤として利用できる。

 物流事業者・荷主向けサービスとして、貨物到着時間の共有、渋滞による遅延発生時のメール配信機能を備え、配送時の物流サービス向上にも利用できるほか、カーナビゲーション機能を搭載し、スマートフォンがあれば活用できる。

 専用サーバ・専用端末が不要なスマートフォン版アプリケーションで、株式会社ナビタイムジャパンの経路検索エンジンを全面的に採用したことで到着時間の予測精度が向上している。

 物流事業者は、荷主に到着時間・遅延時時間変更を提供することでのサービス品質向上や、荷主からの問い合わせに迅速に回答することでの業務効率化を図れるほか、車輛の位置を的確に把握でき、急な引取要請にも対応できる対応力向上を図れる。状況(ステイタス)をスマートフォンから登録でき、納品完了管理をリアルタイムで徹底できるほか、カーナビゲーション機能を利用でき、渋滞による遅延時の自動連絡を行なえる。これらの機能を低コストで利用できる。

 荷主は、依頼貨物の到着時間が分かり、着荷時間に合わせた納品受入や後続作業の準備を行なえる。また、渋滞などの遅延時に到着時間変更をメールで受け取れるほか、電話での問い合わせでなく、管理画面で到着車輛を確認できる。


出荷日・発売日 2013年8月下旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】 購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】
SCM SCM SCM
多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。 多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049127


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ