事例:OKIデータ、欧州地域の基幹システムをNTTデータに移行

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:OKIデータ、欧州地域の基幹システムをNTTデータに移行


掲載日:2013/07/31


News

 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)は、株式会社沖データ(OKIデータ)が、欧州地域の基幹システムのデータセンタをNTTデータのポーランドデータセンターに移行し、7月より本格運用を開始したと発表した。

 OKIデータは、3月に発表した経営基盤強化プログラムの中で、固定費削減による収益構造改善をあげており、ITシステムにおいてはコスト削減に向けた標準化と効率化を進めているという。既に日本・アジア地域基幹システムを、NTTデータが提供しているマレーシアデータセンターに移設し、運用サービス業務も委託したことで、コスト削減を可能にしているという。今回両社は、グローバルで統一的な運用サービス内容の標準を定め、欧州地域においても日本・アジア地域と同一品質のシステム運用を行なうことで、サーバ保守運用コストの20%削減と、ITガバナンスの強化を図れたとしている。

 NTTデータグループは、日系企業からの“グローバルレベルでIT運用費を最適化したい”“グローバルITガバナンスを強化したい”、などの要望に対し、グローバルリソースを有効活用した提案活動を行なっているという。今回、OKIデータが欧州地域基幹システムに導入した“ポーランドデータセンター”の「INERPIA/イナーピア」サービスは、株式会社NTTデータグローバルソリューションズが提供しており、今後も、ユーザの地域特性やニーズに応じて、世界各地におけるサービス提供を実施していくと伝えている。

 今後、OKIデータは、他の地域においても、ITインフラ基盤の整備・強化、情報システムの戦略的なコスト低減、ガバナンス強化を進めていくとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ホスティング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ホスティング」関連情報をランダムに表示しています。

「ホスティング」関連の製品

SPPDレンタルサーバー 専用サーバー 【スタジオマップ】 データ収集処理を最大10倍にしたアタラのデータセンター刷新術 【さくらインターネット】
ホスティング ホスティング
用途に合わせて選べる全5コースを用意し、最も安価なエントリーコースでも運用保守を任せられるフルマネージドを実現した法人向けレンタルサーバー。Linux/Windows対応。 データ収集処理を最大10倍にしたアタラのデータセンター刷新術

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049050


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ