この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Freescale、2013年第2四半期の業績を発表


掲載日:2013/07/30


News

 米Freescale Semiconductor,Ltd.(Freescale)は、6月28日締めの2013年第2四半期の業績を発表した。

 2013年第2四半期の売上高は10億4000万ドルで、営業利益は1億2500万ドルだった。前期比では、売上高の増加、粗利益率の改善により、営業利益が増大していて、前年比では、主に事業再編費の減少により、営業利益が増大していると伝えている。

 純損失は6500万ドルで、1株あたり損失は25セントだった。なお、2013年第2四半期の業績には、6月に完了した債務借り換えにともなう5900万ドルの費用が含まれている。

 6月28日締めの四半期における調整済営業利益は1億5100万ドルだった。2013年第2四半期の調整済純利益は2300万ドルで、調整済1株あたり純利益は9セントだった。前期比では、売上高の増加、粗利益率の改善により、調整済純利益が増大していて、前年比では、主に営業利益の増大により、調整済純利益が増大していると伝えている。

 製品グループ収益では、マイクロコントローラ部門、デジタル・ネットワーク部門、オートモーティブ・マイクロコントローラ部門、アナログ&センサ部門、RF部門(ワイヤレス基地局市場向けパワー・アンプなど)では収益が増大しているとし、そのほかでは、前期比、前年比ともに、ワイヤレス・ハンドセット市場における売り上げ減、IPライセンス収益の減少により、収益が減少していると伝えている。

 そのほかの財務情報は、資本支出は4000万ドルで、現金及び現金同等物の額は総額7億8500万ドル、6月28日までの過去12ヵ月間の調整済EBITDAは8億200万ドルだった。

 2013年第3四半期の業績予想では、売上高は10億5000万〜10億9000万ドルと予想され、粗利益率は前期比で約75〜100ベーシスポイント増加すると予想されると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 【ISAO】 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 【ISAO】 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは 【ディーネット+他】 「仮想化インフラについての課題」意識調査 【ヴイエムウェア】 「アプリケーション仮想化」に関するアンケート 【ヴイエムウェア】
社内SNS 社内SNS IaaS/PaaS 垂直統合型システム その他仮想化関連
仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは Amazonギフト券5000円分が当たる:「仮想化インフラについての課題」意識調査 Amazonギフト券5000分が当たる「アプリケーション仮想化」に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049022



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ