リコーとFDK、停電時のデジタル複合機用蓄電システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコーとFDK、停電時のデジタル複合機用蓄電システムを発売


掲載日:2013/07/30


News

 株式会社リコーとFDK株式会社は、安全性と充放電特性に優れた、デジタル複合機用の蓄電システム「FPSS-162GR」を9月4日に発売する。価格はオープン価格。

 「FPSS-162GR」は、280mm×630mm×630mm/重さ約70kg。リコーのデジタル複合機に接続することで、停電時には電力が自動供給されるため、デジタル複合機の継続使用を図れる。単独で電源供給システムとして利用できるほか、設定変更を行なうことで、日常の電力使用のピークカット・ピークシフト用電源としても使用できる。また、前面パネルにもコンセントを2個搭載しているため、デジタル複合機を動作させながら、他用途の非常用電源として利用することもできる。

 同製品の蓄電池には、UL認証を取得し、電解液が水溶液で安全性に優れたニッケル水素電池を採用している。FDKが蓄積したニッケル水素電池に関する統計データに基づく寿命予測機能を搭載し、使用・環境条件が異なっても電池寿命を高い精度で予測できるため、電池交換の頻度を低くでき、無駄な電池の交換やコストの削減を図れる。

 外部インターフェースとしてLANを採用し、LAN環境内のPCで蓄電池の状態やスケジュール管理などの蓄電システムの一括管理(30台まで)を行なえる。管理ソフトは、無償で本体に添付されている。また、前面に小型液晶ディスプレイを搭載し、蓄電池の状態を把握できるほか、ピークシフト設定を容易に操作できる。キャスター付なので、オフィスの中での移動も簡単で、必要な時に必要な場所で使用できる。


出荷日・発売日 2013年9月4日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20049006


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ