IBM、Androidスマートフォンで病気治療や新星の発見を支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBM、Androidスマートフォンで病気治療や新星の発見を支援


掲載日:2013/07/29


News

 米IBMは、Androidを搭載したスマートフォンやタブレットのユーザは、自分の端末で余っている演算処理能力を科学の進歩のため寄付できるようになり、寄付された演算処理能力は、研究者たちの研究推進に活用されていると発表した。

 現在、Android搭載機は約9億台にのぼり、その演算処理能力を合わせると最大規模の従来型スーパーコンピュータの能力を上回るという。

 今回、カリフォルニア大学バークレー校が開発したボランティア・コンピューティング用ソフトウェア「Berkeley Open Infrastructure for Network Computing」(BOINC)が新しいバージョンとなり、Android 2.3.3以上を搭載する機器を持っていれば、Google Playサイトから同ソフトウェアをダウンロードして貢献したいプロジェクトを選び、市民として科学の推進活動に参加できるようになったと伝えている。

 Androidベースのボランティア・コンピューティングにより参加できるプロジェクトの1つが、ドイツ・ハノーバーのマックス・プランク重力物理研究所が率いる未知の電波パルサー探索プロジェクト、“Einstein@Home”。

 Androidユーザは、プエルトリコのアレシボ天文台にある電波望遠鏡からのデータを解析するアプリケーションに演算パワーを提供できる。このアプリケーションは電波パルサーから出るパルス電磁波を検知して電波パルサーを見つける。演算処理能力が高まれば同プロジェクトの探索活動を加速し、感度を高められると伝えている。

 ボランティア・コンピューティングにより参加できるもう1つのプロジェクトが、 IBMのワールド・コミュニティ・グリッドで展開されている“Fight AIDS@Home”で、このプロジェクトは効果的なエイズ治療薬の研究を目的として、スクリプス研究所にあるオルソン教授の研究室により進められている。

 エイズ・ウィルスが機能し、拡大していくためにはHIVプロテアーゼ、HIVインテグラーゼ、HIV逆転写酵素という3つの酵素が必要になるが、オルソン教授らはこれらの酵素をブロックできる形状と化学特性を持つ新しい候補薬を特別な計算手法により特定しようとしていると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048980



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ