アカマイ、2013年第1四半期インターネットの現状レポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アカマイ、2013年第1四半期インターネットの現状レポートを発表


掲載日:2013/07/29


News

 アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は、2013年第1四半期版“インターネットの現状”レポートを発表した。

 今回発表されたレポートは、「Akamai Intelligent Platform」から収集されたデータに基づき、インターネット接続速度、攻撃トラフィック、ネットワーク接続性/可用性などのグローバルな主要統計情報と、それに対するアカマイの見解を示したもの。

 同レポートによると、2013年第1四半期中、243の国と地域から7億3300万を超えるユニークIPv4アドレスが同プラットフォームに接続した。前期比で3.1%、前年同期比では10%の増加となるとしている。

 また、177の国や地域を発信元とする攻撃トラフィックが観測されたと伝えている。この数は2012年第4四半期と同じで、攻撃トラフィックの発信は引き続き中国が最大で発信量全体の34%を占めたが、その割合は前期の41%から低下しているという。代わってインドネシアが前期の0.7%から21%と急増し、2位まで順位を上げていて、米国は前期の10%から8.3%に低下し、2位から3位へと順位を下げていると伝えている。

 最も多く攻撃対象となったポートは今期もポート445(Microsoft-DS)で、23%を占めていると伝えている。2番目がポート80(WWW HTTP)で14%を占め、その大半がインドネシアから発信されていることが観測されたとしている。

 更に、同期版からユーザ企業から報告されたDDoS攻撃に関する考察をレポートに加えているという。同期中に報告されたDDoS攻撃は208件で、前期の200件から報告された攻撃のうち35%がエンタープライズ企業を標的とするもので、次いでeコマース業界が32%、メディア及びエンターテインメントが22%、ハイテク業界が7%となり、公的機関を標的とした攻撃は4%だったと伝えている。なお、同期中にDDoS攻撃を報告した企業は154社だったとしている。

 同レポートでは、ほかにも、“Account Checker”攻撃の観測や、世界各国の平均接続速度と平均ピーク接続速度、モバイル接続に関する観測について発表している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 飲料販売会社の導入事例から帳票電子化の生産性向上効果を考える 【ウイングアーク1st株式会社】 クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】
暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール 電子帳票システム その他ストレージ関連
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス 北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的 ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048977



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ