採用:中里 唯馬氏、ストラタシスの3Dプリンタでウェアデザイン

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:中里 唯馬氏、ストラタシスの3Dプリンタでウェアデザイン


掲載日:2013/07/29


News

 株式会社ストラタシス・ジャパン(ストラタシス)は、中里 唯馬氏が東京都内で開催したファッションイベント“YUIMA NAKAZATO 2014コレクション”において、同社の3Dプリンタを活用してデザインしたスポーツウェアを披露したことを発表した。

 中里 唯馬氏は、レディ・ガガやファーギーなどのアーティストへの衣装デザインを手掛けた経歴をもつファッションデザイナー。

 “YUIMA NAKAZATO 2014コレクション”は、“バスケットボールが進化した架空のスポーツのためのウェア”をテーマにしており、“地下の荒涼としたスタジアムで若者たちがバイクに跨り、バスケットに似た架空のスポーツでボールを奪い合うプレイヤーの姿”をイメージしているという。

 今回、プレイヤーたちが着るユニフォームの上に着用する“筋肉や体内等の複雑な造形のイメージと数字を組み合わせたビブス”の部分で3Dプリンタ「Connex500」を利用した造形技術が使われていると伝えている。また、材質には透明で柔らかく柔軟性のある同社の樹脂マテリアル「Tango」シリーズを用い、造形後に着色してリアルな質感を表現したとしている。

 同3Dプリンタシリーズは直径0.1mm程度の筋繊維パーツも忠実に再現する造形精度を有し、同マテリアルは透明度と柔らかさを設定でき、造形後のモデルへの染色も可能となっている。

 なお、今回のコレクションでは、ユニフォームデザインのほかに架空の地下スタジアムのミニチュアモデル制作にも同3Dプリンタが活用されたと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048970


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ