採用:JSOL、第一三共のグローバル対応基幹業務システムを構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:JSOL、第一三共のグローバル対応基幹業務システムを構築


掲載日:2013/07/29


News

 株式会社JSOLは、第一三共株式会社のSAP ERPを中心とした新基幹業務システムを構築し、4月1日より本格稼動を開始したと発表した。

 第一三共グループは、今後の国際会計基準(IFRS)対応に向け、グループ連結でのIFRS適用の準備をするとともに、日米欧の主要3極を手始めに会計・サプライチェーン・人事の各領域において、グローバルレベルでの業務プロセス標準化・最適化により高度な業務運営効率を目指しているという。

 今回構築した新基幹系業務システムでは、欧州・米国など地域別ごとの商習慣や事業特性を尊重しつつも、“MDMによる変換マスタ”と“グローバルDWH”、更にこれらを活用した連結経営管理システムを構築することで、単なるIFRSの対応に止まらない、グローバルマネジメントを可能にしたとしている。

 同システムの構築は、第一三共欧州リージョンにおいて先行してIFRSに対応していたシステムモデルをベースとして利用し、高度な業務運営効率のために求められる機能については、JSOLの医薬向けテンプレート“J-Model”を適用した。これにより同プロジェクト規模としては2年弱という期間での構築ができたという。

 あわせて、需給管理システムの導入による業務向上、人事領域・会計処理のワークフロー統一によるユーザビリティの向上を図り、販売・物流システムのダウンサイジングなどによるコスト削減などの効果を期待していると伝えている。

 更に、NTTデータグループのグローバルBI、グローバル連結経営管理におけるノウハウと、JSOLのMDM(マスタ統合ノウハウ)を活用するとともに、統一された基準に基づいたグローバル全体の損益情報・在庫・需給・原価・人事管理情報などを集約・一元化し、グローバル経営に資する情報を可視化したという。システム化するにあたり、SAPビジネスの主流となる新技術・ソリューション(インメモリ基盤)を導入したとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Plaza-i:機器販売保守業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 短期間、低コストで経営を変えたい成長企業向けクラウドERP 【FutureOne】 ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 【インフォアジャパン】 クラウド型 物販・専門店向け総合システム 【E-Mart LINK】 【東計電算】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】
ERP ERP ERP ERP ERP
機器販売(輸出入、ロット・シリアル在庫、部品展開)と機器保守(保守契約管理:前受請求、売上月次均等計上、前受戻し)の複合業態に強いERPパッケージ。 【直販のみ】 ハードルが高いERP導入はもはや過去 クラウドERPで現場が変わる ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 物販・専門店向け業務に特化したクラウド型ERPシステム。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048968


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ