サイオス、OSSサポートサービスの対象環境にAWSを追加し発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイオス、OSSサポートサービスの対象環境にAWSを追加し発売


掲載日:2013/07/26


News

 サイオステクノロジー株式会社(サイオス)は、オープンソースソフトウェア(OSS)のサポートサービス「サイオス OSSよろず相談室」のサポート対象環境に、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を加え、AWS上でOSSを利用する企業向けにOSSのサポートサービスの提供を8月1日に開始する。同時に、AWS向けの廉価なOSS運用サポートサービス「OSSよろずサポートパック for AWS」も発売する。

 「OSSよろずサポートパック for AWS」は、AWSのインスタンス数に応じインスタンス単位で購入でき、サポート期間は6ヵ月と12ヵ月から選択できる。また、Apache httpd/Apache Tomcat/PostgreSQL/Zabbixなどの主要なOSSを含む20種類のOSSに関する問い合わせを無制限に行なえ、使用方法や設定方法、運用障害発生時の問題調査、回避策の提案などのサポートサービスが受けられる。

 「OSSよろずサポートパック for AWS」の価格は、1インスタンスあたり6ヵ月契約で1万2000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

ITマネージドサービスで成功するプロバイダー選びの「10の条件」 【日本アイ・ビー・エム】 クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】 クラウドやオープン系の運用監視、手薄な現状と根本的な解決策 【日本アイ・ビー・エム】 SAP運用サポート「ASCサービス」 【日鉄日立システムエンジニアリング】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
情シスには必要不可欠な"ITパートナー選び" 条件ベスト10を公開 マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。 稼働監視が甘くなりがちな業務系や情報系システムをどうするか SAPの運用保守アウトソーシングサービス。必要工数が1人月未満といった小さなニーズから、システム全般の安定稼働を徹底させるフルサポートまで幅広いメニューを用意。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048959


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ