安川情報システム、学校向けサーバ機器のセキュリティを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


安川情報システム、学校向けサーバ機器のセキュリティを強化


掲載日:2013/07/25


News

 安川情報システム株式会社は、学校向けアプライアンスサーバ「NetSHAKER for School」で、不正PC接続検知/排除機能を標準搭載するなどのセキュリティ機能を強化した「Version6.0」を9月に発売する。価格はオープン価格。

 「Version6.0」では、登録されていない端末からのネットワーク接続要求を自動で検知して排除でき、校内ネットワークへの不正な接続を防止できる。

 オプションとして、校務システムデータを保存した特定フォルダのデータを自動でクラウド上にバックアップする遠隔バックアップ機能や、児童/生徒にネット犯罪などの脅威を伝えるための、教員向けの情報教育コンテンツが用意されている。機器の故障時や災害被災時にも児童/生徒の記録が守られるほか、教員の適切な指導を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は 【クロス・ヘッド】 自社製品の安全性を裏付ける、「music.jp」に学ぶモバイルアプリの脆弱性診断 【日本アイ・ビー・エム】 専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには? 【クロス・ヘッド】 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
ファイルの重要度を制御「ネットワークDLP」 強固なデータ漏えい対策を実現 ソースコードを「秘匿したまま」脆弱性診断OKのクラウドサービス 専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには? 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 運用負荷がかかりすぎる標的型攻撃に住友重工はどう挑んだか?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048922


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ