aegif、CMIS互換のECMと連携できるファイル同期ソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


aegif、CMIS互換のECMと連携できるファイル同期ソフトを提供


掲載日:2013/07/25


News

 株式会社イージフ(aegif)は、クラウドストレージサービスと同等の手軽さで業務文書を管理できるよう、各デスクトップの情報を自動で文書管理基盤と同期するソフトウェア「CmisSync」の提供を開始した。

 「CmisSync」は、DropboxやSugarSync、Boxなどのような、個々の利用者にとって直感的で利便性に優れたファイル同期を、CMIS互換の各社ECM製品に対して行なえるようにする製品。企業はより多くの新鮮なコンテンツをリポジトリに集約でき、利用者はリポジトリ登録作業のようなオーバーヘッドを省略できる。

 オープンソースモデルで開発されていて、評価や試用などは無料で自由に行なえる。今回、初期リリースバージョンが公開され、商用のサポートの提供が開始される。なお、大規模ユーザ向けの管理機能が有償プラグインとして順次リリースされる予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 e.Form 【ソフトバンク コマース&サービス】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 独自の特許技術により、紙の書式をそのままタブレットに表現可能な機能を有した電子フォームシステム。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048917


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ