オリエントコンピュータ、ログ管理機能付きHDD物理破壊機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オリエントコンピュータ、ログ管理機能付きHDD物理破壊機を発売


掲載日:2013/07/25


News

 オリエントコンピュータ株式会社は、HDD破壊ログ一括管理機能付きのHDD物理破壊機「BREAKS-5L」を発売した。

 「BREAKS-5L」は、幅220mm×奥行き435mm×高さ400mmで、HDDのシリアル番号をバーコードリーダで読み取り、HDD消去(破壊)ログ管理を行なえる。また、同社の磁気消去機やデータ消去ソフトのログと一緒に、全HDDの消去ログ一括管理を行なえるため、全HDDの破壊・完全消去ログを一括で、各企業のIT機器管理システムに取り込める。

 同社の消去ログ一括管理システム(オプション)を利用することで、デジタル署名付きの消去証明書も発行できるため、HDD廃棄会社やデータ消去サービス会社、大手PCリース・レンタル会社にもトータルなHDDデータ完全削除ソリューションを提供でき、HDDや他のデータ記憶機器からの情報漏洩防止コンプライアンスへのより強固な対応を行なえる。

 2.5インチHDDと3.5インチHDDに対応し、30mmの厚型HDDにも対応する。連続使用が可能で、取り付け治具で位置を固定できるため、操作ミスを回避できる。安全装置が取り付けられていて、HDDを奥まで入れた状態でないと稼働しない。緊急停止ボタンを装備した安全設計で、基準位置への復帰も簡単に行なえる。取っ手付きで可搬性に優れているほか、作業油などの油類を不使用のモーター駆動なので、静音でメンテも簡単に行なえる。

 ログ管理システムが標準仕様で付属する。「Breaks-5L」とPCを接続して、破壊したHDD情報と作業履歴を記録でき、HDDのメーカ名・型番・製造番号・ユーザ名・作業場所・作業者名・作業日時などが記録される。HDD情報は、市販のバーコードリーダを使用して素早く入力できるほか、記録された情報はDBに取り込んで一括管理でき、それを使用して消去証明書を発行できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

Webシステム ファイル持ち出し防止 「ファイルプロテクト for IIS」 【ハイパーギア】 接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
Windows Server OSでIISを利用したWebシステムに連携。ファイルはそのままでユーザがファイルを参照するタイミングに持ち出し禁止や印刷禁止のPDFをオンデマンド生成する。 デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048903


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ