採用:CTC、日本アクセスの展示用バーチャルストアシステム構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:CTC、日本アクセスの展示用バーチャルストアシステム構築


掲載日:2013/07/25


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、株式会社日本アクセスが開催の“日本アクセス フードコンベンション 2013”の展示用バーチャルストアシステムを構築したと発表した。

 “日本アクセス フードコンベンション 2013”では、日本アクセスが強化するIT機能を取り入れた“消費者の生活シーンに合わせた最適な売り場”“シニアにやさしい機能・売り場”として、バーチャルストアを展示するという。

 バーチャルストアとは、商品棚のように設置されたポスターやディスプレイに対して、気に入った商品のQRコードをスマートフォンなどで読み取り、商品を購入するシステム。小売業にとっては店舗以外の場所、店舗内の有効スペースで販売でき、営業時間外でも販売する機会が得られるというメリットがあり、顧客にとっては商品を買える機会が増えて、重い荷物を持たずにすむというメリットがある。

 CTCはバーチャルストアを可能にするためのITサービス基盤として、同社のクラウド型ネットスーパーサービス(ネットスーパーに求められるシステムを月額で提供するクラウドサービス)を中心としたネットマーケティングソリューションを提供し、バーチャルストアシステムを構築した。

 また、主に店舗外で展開するポスター型のバーチャルストアにおいて、スマートフォンからQRコードを読み取るためのアプリケーションや、ネットスーパーの決済機能と連携させるためのアプリケーションの開発も行なった。更に、デジタルサイネージ機器構築及び専用コンテンツの開発も実施していると伝えている。

 同社は、コミュニケーションサイネージを対象とした専用コンテンツの開発も行なう予定だとしている。従来のデジタルサイネージは、更新可能なデジタル広告(POP)であったのに対し、コミュニケーションサイネージでは、画像認識技術に基づく顧客別のレコメンド技術やタッチパネル技術を活用することにより、購買そのものを行なえると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048887


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ