採用:大阪市、ロゴスウェアのドキュメント管理システムを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:大阪市、ロゴスウェアのドキュメント管理システムを採用


掲載日:2013/07/24


News

 ロゴスウェア株式会社は、同社が開発するドキュメント管理システム「Libra SQUARE」を大阪市が採用し、市の広報誌システムとしてWebサイトで公開したことを発表した。

 「Libra SQUARE」は、本棚型による視認性と検索性を備えたドキュメント管理システム。広報誌をデジタルブック化し本棚型に搭載することにより、見やすさを向上できることに加え、スマートフォンやタブレットからの閲覧、キーワード検索にも対応していて、利便性を高められる。

 大阪市は、今後多くの冊子をデジタルブックで公開するにあたって検索性を高めるために同システムの導入を決めたという。同市の仕様を満たしたもので価格比較を行なったところ、ロゴスウェアの提案が1番安価であったことから採用することにしたと伝えている。今回、同市では市内24区すべての広報誌、子育てブック、防災マニュアルなどの市報をデジタルブック化し、本棚型広報誌システムとしてWeb公開した。

 なお、同社から提供される“デジタル広報誌システム”の構築方法には次の2種類があるという。1つは、デジタルブックの制作を自身で行ないたい人向けの“お手軽スタートパック”を利用する方法で、SaaS型で提供される「Libra SQUARE」に加え、デジタルブック作成ソフト「FLIPPER U」が提供されるとしている。

 もう1つはデジタルブックの制作も含めてアウトソーシングしたい人向けの“広報誌スタンド制作サービス”を利用する方法で、PDFデータや紙原稿を送れば、広報誌をデジタルブック化し、本棚システムに収納された形でWeb公開するところまでをすべてロゴスウェアが担当するという。このサービスは、地方自治体、学校法人、公共団体限定で提供され、デジタルブック公開冊数範囲内であれば、制作依頼回数に関わらず、年間固定料金で提供されると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローに合わせて、文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などをタイムリーに実行できる文書管理システム。 適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048849


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ