FFRI、標的型攻撃対策の新版でDLL Hijacking対策などを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FFRI、標的型攻撃対策の新版でDLL Hijacking対策などを追加


掲載日:2013/07/23


News

 株式会社FFRIは、標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」シリーズの「Version2.3」をリリースした。

 「FFR yarai」シリーズは、シグニチャやパターンファイルなどに依存せず、標的型攻撃で利用される攻撃の特徴を4つのヒューリスティックエンジンで様々な角度から分析し、未知の脅威に対して高い精度で攻撃を検知/防御できる。

 今回の「Version2.3」では、DLL Hijacking脆弱性攻撃対策が追加されたほか、.NET製マルウェア対策やROP(Return Oriented Programming)対策が強化された。また、Windows Server 2008 x64 Edition(Standard/Enterprise/Datacenter)に対応した。

 FFR Enterprise Management Consoleの管理機能も強化された。マルウェア検出時のログ出力モードが追加されたほか、ソート機能が改善された。また、CSV出力項目にMACアドレスとCPU情報が追加されたほか、クライアント側で追加された例外リストの監視が可能になった。期間を指定したログのエクスポートにも対応した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

Lookout Mobile Threat Protection 【ルックアウト】 NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】 McAfee Network Security Platform シリーズ 【マクニカネットワークス】 WebARGUS (ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】 エンドポイントセキュリティサービス EPSecurity 【インテック】
IPS IPS IPS IPS IPS
未知のモバイル脅威を予測して侵入を阻止するモバイルセキュリティソリューション。マルウェア感染の可視化やMDMソリューションとの連携により、安全な運用を実現する。 マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。 複数の高精度な検知手法で様々な攻撃を防御。クラウドレピュテーション連携、ボットネット検知、最大80Gbpsへのパフォーマンス拡張などを実現する次世代型IPS製品 Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。 マルウェア対策のエンドポイントセキュリティ。フルクラウド型の検出方式により端末動作の軽快さをキープ。未知のマルウェアも怪しい振る舞いを検知してブロックできる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048825


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ