採用:ミルボン、タイ事業立ち上げにB-EN-Gの販売管理を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ミルボン、タイ事業立ち上げにB-EN-Gの販売管理を導入


掲載日:2013/07/22


News

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)は、業務用ヘア化粧品の総合メーカーの株式会社ミルボンがタイでの事業開始にともない、生産管理、販売管理、原価管理システムとして「MCFrame CS」を2ヵ月で導入し、稼働させたことを発表した。

 ミルボンは、事業のグローバル化を目指して、2004年から北米、中国、韓国に現地法人を設立し事業を拡大していく中、12月よりタイのラヨーンでヘアカラー・ヘアケア製品の生産を行なうことになった。9月の工場建屋完成前に販売管理システムを2月に稼働させ、販売体制を整えたと伝えている。同社は、「MCFrame CS」のほか会計システムとして「A.S.I.A. GP」を採用した。B-EN-Gのタイの現地法人、Toyo Business Engineering Thailand Co.,Ltdが導入支援を行なっている。

 同2つのシステムの共通の採用理由は、タイで日本語/英語/タイ語を用い、専門性の高い・迅速かつ柔軟なサポートが得られることや、“標準化された手順を有しており・短時間・低コストでの導入が可能である”というミルボンのシステム導入ポリシーに合致したアプリケーションであることのほかに、英語/日本語/タイ語の複数言語に対応し、現地スタッフへの教育面や現地で必要とされるタイ語での帳票出力ができるアプリケーションであり、日本からのサポートも可能であることとしている。

 また「MCFrame CS」の採用理由には、原材料の調達と生産管理が主体になることを踏まえたアプリケーションであることや標準原価・実際原価の原価計算機能を有していることを挙げ、「A.S.I.A. GP」の採用理由にはタイの会計基準、法令に準拠していることも挙げている。

 現地にシステム担当者を置かないため、このシステム全体はクラウド上に構築されており、日本からの一元管理ができると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「販売管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販売管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「販売管理システム」関連の製品

販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3 【日立ソリューションズ西日本】 FUJITSU 流通業ソリューションProjectViz 【富士通】 FutureStage 卸売業向け販売管理システム 【日立システムズ】 販売管理システム EXPLANNER/Ai 【NEC】 収益の見込み管理を成功させるには? 販売予測の精度を高める秘訣 【ジール】
販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム
システム構造化された部品群(テンプレート)を組み合わせることで、短期間・低コストで構築できる販売管理・生産管理システム。 プロジェクト全体を一元管理し、損益を見える化することで、プロジェクトリーダだけでなく経営層によるタイムリーな問題解決や経営判断を支援するソリューション。 販売管理・購買管理・物流在庫管理がシームレスに連携した卸売業向け基幹業務統合ソリューション。日本独自の商習慣に対応し、国内外取引を一元管理できる。 40年の経験を持つNECが開発した、日本の商習慣・法制度にマッチした販売管理システム。企業・業種固有の機能の追加も専用ツールで簡単に行える。 収益の見込み管理を成功させるには? 販売予測の精度を高める秘訣

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048751


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 販売管理システム > 販売管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ