日立システムズ、日本と東南アジアのセキュリティ事業を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システムズ、日本と東南アジアのセキュリティ事業を強化


掲載日:2013/07/19


News

 株式会社日立システムズは、日立システムズのグループ会社であるマレーシアHitachi Sunway Information Systems Sdn. Bhd.(日立サンウェイ)と、日本と東南アジアにおけるセキュリティ事業強化のため、マレーシアのe-Lock Corporation Sdn Bhd(イーロック)と協業し、イーロックのWebサイト改ざん防止セキュリティパッケージ「WebALARM」を活用したWebセキュリティ対策ソリューションを、日本では日立システムズが、東南アジアでは日立サンウェイが同時に提供を開始すると発表した。

 イーロックは、「WebALARM」など多様なセキュリティ製品の販売に加え、セキュリティに関するコンサルティングや脆弱性診断などのサービスを提供している。「WebALARM」は、モニタリング(監視)、自動リカバリ、アラート、監査と証拠保全、データアップデート管理などの機能を備えている。

 日立システムズは、ユーザの情報資産を守るため、セキュリティ導入時のコンサルテーションからシステムの構築、運用までセキュリティに精通したエンジニアがワンストップで応えるセキュリティソリューション「SHIELD」を提供している。Security Operation Center(SOC)を活用し、セキュリティ運用・監視サービスを提供している。

 日立サンウェイは、マレーシアの本社に加え、シンガポール、タイ、フィリピン、インドネシアに子会社を持ち、東南アジアでセキュリティソリューションやITインフラの構築を含むITサービス事業を展開している。

 日立システムズと日立サンウェイは、Webセキュリティ対策ソリューションの分野でイーロックと協業した。「SHIELD」のラインアップの1つとして日本と東南アジアで「WebALARM」を販売・導入するほか、「SHIELD Webセキュリティ on-Demand」など、関連するサービスを組み合わせて、ユーザニーズに適したソリューションを提供するという。これにより、ユーザは総合的なセキュリティ対策を施すことができ、Webサイトの改ざんや情報漏洩などのリスクを軽減することが可能になるとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ 【arcserve Japan】 現状に合わせた最適化が必須!“バックアップ見直し”のススメ 【arcserve Japan】
ワークフロー バックアップツール NAS バックアップツール バックアップツール
承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? その重複排除では重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ 最大12TBまで使い放題!リストア楽々、簡単バックアップ
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048736



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ