採用:京都機械工具、アシストのBIプラットフォームを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:京都機械工具、アシストのBIプラットフォームを採用


掲載日:2013/07/19


News

 株式会社アシストは、同社が提供しているBIプラットフォーム 「WebFOCUS」が、京都機械工具株式会社の生産管理/販売管理/会計システムなど基幹業務のレポーティング・システムとして採用されたと発表した。

 「WebFOCUS」は、Oracle、DB2などのリレーショナル・DB、Oracle EBS及びSAPをはじめとするERPパッケージ、IMS/DB、VSAMといったレガシー・システムなど、社内外に分散している様々なデータ/システムとの接続性に優れたBIプラットフォーム。

 京都機械工具は、自動車整備用工具をはじめとする工具の製造販売をしている。従来、業務ごとに異なるデータソースからデータ抽出のスキルを持った特定の社員がデータの抽出を行なっていたため、タイムリーなデータ抽出や、統一されたレポート/情報の参照が行なえず、各部署にて同じようなデータを保持しているなどの課題を抱えていたという。また、抽出後のデータに対して各部署が独自のノウハウを基にした管理指標を適用するため、全社でKPIを共有し、分析などに活用することが困難であったとしている。

 京都機械工具が「WebFOCUS」を採用したポイントとして、誰もが簡単に欲しい時に情報を取得できる環境を構築でき、データの抽出元の統一と、データの信頼性の向上につながることや属人化による作り込み作業の軽減が図れることを挙げている。また、分析機能の強化や、指標の統一ができることなども評価している。

「WebFOCUS」の開発にあたっては、それまでの属人化していたレポート開発体制を脱却するため、各部署から若手社員を中心にプロジェクト化し、ユーザ部門主体の開発体制を組んだという。その結果、カットオーバーから1年が経過した現在では全社員が活用する情報活用基盤として定着、浸透したと伝えている。ユーザ部門が主導する開発体制により、ユーザ・リクエストの適切な吸い上げ及び、リクエストに対する迅速な対応が可能になったとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
集計作業が2週間→2日に短縮 話題の"超エクセル"、その活用事例 豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048729


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ