採用:旭化成グループ、SAPのERPシステム統合にAJSを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:旭化成グループ、SAPのERPシステム統合にAJSを採用


掲載日:2013/07/19


News

 AJS株式会社は、旭化成株式会社及び旭化成グループのERPシステムの統合において「SAP ERP 6.0」及び「SAP HANA」が採用され、第1期が稼働したことを発表した。

 「SAP HANA」は、SAP社のインメモリーソフトウェア。メモリ上でデータを処理することで、異種混在のデータソースから迅速に大量データをリアルタイム分析できる。

 旭化成グループでは、グループ内の8事業会社で計13の独立したSAPのERPシステムを導入していた。事業会社を跨る組織再編対応の迅速化と効率化、保守・運用コスト削減などを目的に基幹システムの統合の検討が2009年から開始され、2011年より構築が開始された。13のERPを2015年4月にかけて順次統合することを目指しており、ERPのデータを活用するためのBI基盤として、「SAP HANA」が採用されたという。

 第1期は、持株会社である旭化成と事業会社である旭化成ケミカルズ株式会社で実施され、多くの製品群、地区、部場を対象として2年間で構築し、4月に稼働したとしている。

 AJSは、今回のシステム統合並びに稼働後の保守・運用を担当した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 for Operations 【日立ソリューションズ】 外食業向けクラウド型店舗トータルサービス 「FOOD-LINK R2.5」 【東計電算】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】 GRANDIT 【GRANDIT】 Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】
ERP ERP ERP ERP ERP
生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 外食産業界に業種特化したパッケージ群からなるASP型ERPパッケージ。各サブシステムを組み合わせることで、低価格でユーザニーズに応えるシステム構築が可能。 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048727


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ