採用:Iris Van Herpen、Stratasysの3Dプリンティングを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:Iris Van Herpen、Stratasysの3Dプリンティングを採用


掲載日:2013/07/19


News

 Stratasys Ltd.(ストラタシス)は、イリス・ヴァン・ヘルペン氏(Iris Van Herpen)のクチュールショー“Wilderness Embodied”で、3Dプリントによる12足のシューズが披露されたことを発表した。

 ストラタシスによると、オランダのデザイナーであるイリス・ヴァン・ヘルペン氏は、靴会社であるユナイテッド・ヌードのクリエイティブディレクター兼創設者のレム・D・コールハース氏と協力して、同社の3Dプリンタで、自然の要素をモチーフにし、複雑な形状のシューズを多数制作したと伝えている。

 両氏は、同社のPolyJet技術に基づく「マルチマテリアルObjet Connex」3Dプリンタと、高い解像度で複雑な形状のデザインを可能にする「Objet Eden」3Dプリンタを利用したと伝えている。制作された靴は、足に巻きつく複雑な格子を特徴としていて、木の根の自然な成長を映し出しているという。これらの靴の3Dプリンティングには、硬質半透明の黒と白のマテリアルの組み合わせが使われているとしている。

 イリス・ヴァン・ヘルペン氏は、ファッションとは、常に自分自身の限界を定めて、その上でメッセージを発信することだとし、今回、レム氏とともに自然界の美しさと荒々しさを映し出せる何かを作りたかったと伝えている。3Dプリントの技術の活用は、シューズを通してこのコンセプトをかたちにできる可能性を秘めていたことによるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048722


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ