アリスタ、Microsoft OMIに対応したEOSソフトウェアの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アリスタ、Microsoft OMIに対応したEOSソフトウェアの新版を提供


掲載日:2013/07/18


News

 アリスタネットワークス合同会社(アリスタ)は、同社の全プラットフォームにわたってMicrosoft Open Management Infrastructure(OMI)に対応した、Arista EOS(Extensible Operating System)ソフトウェアのバージョン4.12の提供を開始した。

 今回のバージョンでは、同社がマイクロソフト社と協力してOMIを実装したことで、OMI規格に基づき、Windows Azureのクラウド管理要件を満たす管理が可能になった。System Center 2012と連携するOMIが実装されたことで、アリスタのクラウド・ネットワーキング・ソリューションを統合でき、両社共通のユーザに、データセンタ/仮想ワークロード/ハイブリッド・クラウドIT環境での、容易で効率的な管理機能を提供できるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 AWS、Slackなどを統合運用、クロスドメイン型ネットワークを自動化するには? 【ロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社】 統合ネットワーク管理ツール SolarWinds 【ソーラーウインズ・ジャパン】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 AWS、Slackなどを統合運用、クロスドメイン型ネットワークを自動化するには? ネットワーク、サーバー、仮想化基盤、アプリケーション、ストレージと幅広く対応。階層化されたトポロージマップやトップ10リスト等、問題点や原因箇所を視覚的に表示。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048693


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ