採用:紀陽情報システム、BIツールで銀行向け情報活用基盤を構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:紀陽情報システム、BIツールで銀行向け情報活用基盤を構築


掲載日:2013/07/16


News

 株式会社アシストは、紀陽銀行をはじめとする金融機関向けにソリューションを自社開発し提供している紀陽情報システム株式会社に、アシストが取り扱う連想型高速インメモリBIツール「QlikView」が各種ソリューションの分析ツールとして採用されたと発表した。

 紀陽情報システムでは、大量データ処理の全体最適化を進めるにあたってOSSの活用を検討してきた。業務システムごとに分散されている複数のデータをレッドハット社のOSSである「Red Hat JBoss Data Services」を用いて仮想統合し、SingleView化を図るとともに、「QlikView」と連携することで、短期間で最適化可能となる情報活用基盤を紀陽銀行向けに構築したという。

 この情報活用基盤の利用によって、顧客を軸にして一元的に情報管理できるようになり、分析軸の変更や追加も柔軟に行なえるため、経営情報の迅速な提供が可能になった。また、今まで膨大な時間を費やしていたデータ分析作業が10数秒で終わるなどの省力効果が得られたこと、これまでは大量かつ複雑すぎて使いにくかった情報の“見える化”により、データの活用がしやすくなったことなども評価されているという。

 今後は、同情報活用基盤を紀陽銀行の各ユーザ部門に展開していくと同時に、過去の累積した取引明細データなど大量データを利用した顧客行動分析にも利用していく予定であるとしている。

 紀陽情報システムでは、「QlikView」を活用して紀陽銀行に実装したシステムを、アシストと協業して銀行向けソリューションとして販売することも計画している。また合わせて、紀陽銀行での実績をベースに、他システムとの連携などの付加価値提案や、「JBoss Data Services」を活用したOSS活用型仮想統合DB構築についてのシステム・インテグレーションも同時に実施する予定であると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 Excelをドラッグ&ドロップで分析開始!BIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
BI BI BI BI BI
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 BIツールの矛盾…導入時につまづかないための対処法とは? 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048631


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ