SST、WAFサービスに“二要素認証”を追加できる新機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SST、WAFサービスに“二要素認証”を追加できる新機能を提供


掲載日:2013/07/16


News

 株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は、WAFサービス「Scutum」で、同サービスを導入中のサイトに、携帯電話を利用した“二要素認証(Two-Factor Authentication:2FA)”を追加できる新機能のβ版の提供を8月1日に開始する。

 “二要素認証”では、ID・パスワードなど“利用者だけが知っている情報”に加え、それ以外の認証要素、例えば利用者の所有機器を使用した認証や生体認証などを併用してログインを行なう。

 今回の新機能では、携帯電話を利用した“SMS認証”を使用しているため、ログインするには携帯端末を所有している必要があり、一般的なパスワードリスト攻撃では認証を突破できない。従来、ユーザIDとパスワードのみで認証を行なっていたWebサイトに「Scutum」を導入することで、開発不要で二要素認証に対応したWebアプリケーションに進化させられる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048627


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ