ランサ・ジャパン、開発ツールの新版でユーザビリティなどを向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ランサ・ジャパン、開発ツールの新版でユーザビリティなどを向上


掲載日:2013/07/16


News

 株式会社ランサ・ジャパンは、システム開発ツールの新バージョン「LANSA Version 13 Service Pack 1」(LANSA V13 SP1)の出荷を開始した。価格は78万円から。

 今回の新バージョンでは、統合開発環境のユーザビリティが向上した。テーブルレイアウトやDirectXスタイルの管理機能がリボンインターフェースへ組み込まれたほか、クイックアクセスツールバーやステータスバーをカスタマイズできるようになった。WAMエディタ機能も改善された。

 ユーザ・エクスペリエンスを向上させるための機能拡張も行なわれた。JSON形式のPOSTに対応したほか、ロジカルモデラーでファイルのロングネームに対応した。LANSA OpenではUnicode/Booleanカラム/ロングネームに対応した。

 これらにより開発者は、ユーザ・エクスペリエンスの高いビジネスアプリケーションをエンドユーザに対して構築/提供できる。


出荷日・発売日 2013年7月16日 出荷
価格 78万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

信頼性の高い基幹系システム向け開発フレームワークで高速開発 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック 【エーアイ】 超高速開発ツール「Web Performer」 【サンテック】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
基幹系システム向け開発をクラウド化 実績で裏打ちされる信頼性が移行を進める 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック ノンプログラミングでWebアプリケーションを自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツール。Javaの知識不要で、基本設計情報を定義するだけでシステムを開発できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048618


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ