提携:サイボウズなど、kintone/デヂエと商奉行/蔵奉行を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:サイボウズなど、kintone/デヂエと商奉行/蔵奉行を連携


掲載日:2013/07/16


News

 サイボウズ株式会社と株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)は中小企業向け顧客管理ソリューションで協業し、サイボウズの業務アプリ構築クラウド「kintone」・Web型DB「サイボウズ デヂエ」と、OBCの販売管理システム「商奉行/蔵奉行」シリーズを連携させ、顧客情報をWeb上から自由に共有・参照できるソリューション「kintone for 奉行」「サイボウズ デヂエ8 顧客管理 for 奉行」を、OBCの販売パートナーを通じて発売した。

 「kintone for 奉行」「サイボウズ デヂエ8 顧客管理 for 奉行」は、「商奉行/蔵奉行」とCSVで連携でき、顧客情報を「kintone」または「サイボウズ デヂエ」に連携することで、情報をWeb化できる。

 PCやタブレット・スマートフォンといったデバイス環境に対応し、外出先からも顧客情報を自由に共有できる。「商奉行/蔵奉行」の顧客情報に加え、ユーザが管理したい情報や履歴の項目を自由に追加・設計でき、社内に分散していた顧客情報を一元化することで、情報管理の業務生産性向上を図れる。また、顧客情報と紐づけて、対応状況の管理や過去の問い合わせ履歴の確認をWeb上からすぐに行なえる。担当者が交代した場合でもスムーズに顧客対応を行なえ、顧客管理の属人化を回避できる。

 また、クラウドサービスとして利用する企業には「kintone」を、社内にサーバを設置して利用する企業向けには「サイボウズ デヂエ」を提供し、ユーザの利用形態に合わせた提供方法が用意されている。

 これらにより、顧客情報の一元化や、部署を越えた共有を行なえ、「奉行」シリーズの直接操作不要で顧客情報を確認でき、顧客情報の活用が容易になり、顧客管理の業務生産性向上を図れる。また、業務の引き継ぎや顧客対応の円滑化を図れ、営業活動やサポート業務の効率化を図れる。

 初年度利用料は、「kintone for 奉行」が、300ユーザ以下で1ユーザ1万345円、「サイボウズ デヂエ 8 顧客管理 for 奉行」が、プラン20の新規で10万円。


出荷日・発売日 2013年7月12日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「Total CPA」とは 【ロックオン】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例 【ロックオン】
CRM CRM CRM CRM CRM
CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「TotalCPA」とは 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 顧客を獲得できるWebマーケティングに──変革のヒントとなる21事例

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048610


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ