JS、モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JS、モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査を実施


掲載日:2013/07/16


News

 株式会社ジャストシステム(JS)は、セルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して、全国の15歳から69歳の男女1100名を対象に、“モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年6月度)”を実施したと発表した。

 調査の結果として4点発表している。1つは、過去1年間にネットショッピングをした人に対し、その利用頻度について聞いたところ、66.5%が“月に1回以上”利用しており、“週1日以上”利用した人は9.8%で、年代別で見ると65歳以上の女性が高く、22.7%と平均を上回った。また、ネットショッピングで利用する機器は93.2%の人が“主にPC”であったが、15〜34歳の女性の約2割が“主にスマートフォン”を利用しているという。

 2つめは、「Naverまとめ」などのまとめサイトの利用状況について、11.1%が“1日に1回以上閲覧する”と回答した。年代別では10〜20代の男性の利用率が平均を上回り、10代男性は28.0%、20代男性は23.0%が閲覧している。また、まとめサイトを月1回以上閲覧すると回答した人のうち、66.5%の人が“まとめサイトの情報を商品・サービス利用の参考にしたことがある”と回答したとしている。

 3つめは、58.5%の人が“ネットバンキングを利用”しており、特に20代後半から40代の男性の利用率が高く、7割以上が利用しているという。また、ネット専用銀行にしか口座を置いていない人が37.0%いたとしている。

 4つめは、フィーチャーフォンの利用率が49.6%となり、2012年7月の同調査開始以来、初めて5割を下回ったという。スマートフォンの利用率は46.5%で、フィーチャーフォンとスマートフォンの利用率の差は前回調査時の2013年5月では8.2%だったが、6月では3.1%と差が縮まったと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウドのようにストレージが進化、注目の自己管理型オールフラッシュの実力 【東京エレクトロン デバイス】 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 【東京エレクトロン デバイス】 リテールイノベーションとは何か 小売業界で進むデジタル改革の裏側 【エスキュービズム】 ウイルス対策の切り替え前に知っておきたい製品選びの重要ポイント 【マクニカネットワークス+他】 京都府の若手職員による新たな挑戦、ジブンゴトとしての働き方改革とは 【シスコシステムズ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 EC アンチウイルス テレビ会議/ビデオ会議
クラウドのようにストレージが進化、注目の自己管理型オールフラッシュの実力 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 小売業界を取り巻く環境は大きく変化している。「取りあえずデジタル化を」という企業も少なくないが、無計画なデジタル変革はかえって収益を圧迫することになる。 ウイルス対策の切り替え前に知っておきたい製品選びの重要ポイント 保守的で新規取り組みに消極的とみられがちな自治体。だが京都府は若手を中心にITツールの普及啓発などジブンゴトとして働き方改革を推進した。変革の波はどう起きたのか。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048603



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ