矢野経済研究所、静電容量方式タッチパネルと部材の市場調査実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、静電容量方式タッチパネルと部材の市場調査実施


掲載日:2013/07/16


News

 株式会社矢野経済研究所は、静電容量方式タッチパネルとその部材の世界市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は3月〜6月、対象はタッチパネルモジュールメーカー、透明導電性フィルムメーカー、カバーガラスメーカー、OCAメーカー、引出線材料メーカー、ハードコートフィルムメーカーで、調査方法は同社専門研究員による直接面談、文献調査を併用している。

 同調査における静電容量方式タッチパネルとは、アウトセルタイプの静電容量方式タッチパネルモジュールを指し、オンセルタイプ、インセルタイプのタッチパネルは含まないとしている。また、静電容量方式タッチパネル部材とは、透明導電性フィルム、カバーガラス、OCA(Optical Clear Adhesive)、引出線材料、ハードコートフィルム等の部材を指すとしている。

 同社は調査結果サマリーとして2点を発表している。1つは、スマートフォン、タブレット端末の成長に加え、Ultrabookなどタッチパネル機能付きノートPCの立ち上がりにより、2013年のアウトセルタイプの静電容量方式タッチパネル世界市場規模が、前年比131.6%の10億500万枚(メーカー出荷数量ベース)に達すると予測している。また、主な用途別の構成比は、スマートフォン用が73.6%、タブレット端末用が23.9%、ノートPCや車載(カーナビ、DAなど)用途で2.5%と予測している。

 2つめは、静電容量方式タッチパネルメーカーの開発方向性において、大型化、薄型化、低価格化、低コスト化、安定供給、多品種少量対応などであり、部材メーカーもタッチパネルメーカーのロードマップに沿った開発を進めているという。透明導電性フィルムでは、ITOフィルムの安定供給体制の拡充と、大型化への対応として低抵抗グレードの開発、非ITO系フィルムの一部量産化が進むとしている。ハードコートフィルムでは、ベゼル枠の多色印刷対応のための飛散防止フィルムの需要が拡大し、また、カバーガラスでもマザーガラスサイズの大型化にともなう素板ガラスメーカーによる強化ビジネスへの取り組みが進んでいるという。今後もこれらの部材トレンドが進展していくが、それらに加えてフレキシブルディスプレイ向けTP需要へのアクションも必要となると考察している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法 【ロジクール+他】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 【日本ストラタステクノロジー】 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 【クオリティア】
Web会議 ファイアウォール Web会議 サーバー仮想化 メールセキュリティ
ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048602



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ