ラック、「Googleグループ」の意図しない情報公開に注意喚起

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラック、「Googleグループ」の意図しない情報公開に注意喚起


掲載日:2013/07/16


News

 株式会社ラックは、「Googleグループ」における意図しない情報公開対して注意喚起を行なった。

 「Googleグループ」は、米Googleが提供している無償版のニュース投稿・共有サービス。同サービスは世界中で情報共有を行なうために活用されている。

 同サービスは、企業内の業務においてもメンバーとグループを作り、インターネットを通して情報を共有できる。ユーザが、メールやWebインターフェースを使って情報やファイルをGoogleグループ上に登録すると、その情報を複数の人で同時に閲覧でき、一種のグループウェア的な利用ができる。

 しかし、同サービスの利用登録した初期の状態では、すべての情報がインターネットに公開される設定となっている。本来の意味で、グループ内で閲覧者を限定して運用をする場合には、閲覧範囲の設定を正しく変更しなければならないという。

 ラックの調査においても、同サービスを使用している国内外の組織が投稿した情報に関して、意図せず“情報公開”に至っているケースが多数確認され、本件が深刻なリスクにつながっていることを注意喚起するとともに、対策方法を提示している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

つながらないコールセンターを解決、鍵はデータによる可視化と改善 【NTTコミュニケーションズ】 飽和状態のマーケティング活動を再定義、「カスタマージャーニー分析」の威力 【富士通株式会社】 なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか 【ソフトブレーン】 ひとり情シスなのに従業員数は増加中、PC管理はどう効率化すればいい? 【デル株式会社】 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法 【Splunk Services Japan】
コールセンター/CTI CRM SFA IT資産管理 統合ログ管理
つながらないコールセンターを解決、鍵はデータによる可視化と改善 飽和状態のマーケティング活動を再定義、「カスタマージャーニー分析」の威力 なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか ひとり情シスなのに従業員数は増加中、PC管理はどう効率化すればいい? 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048601



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ