NRIセキュア、企業情報システムのセキュリティ分析結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRIセキュア、企業情報システムのセキュリティ分析結果を発表


掲載日:2013/07/12


News

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は、同社が顧客企業に提供した情報セキュリティ対策サービスを通じて蓄積したデータを分析し、最新の脅威動向と推奨する対策をまとめた、“サイバーセキュリティ 傾向分析レポート2013”を発表した。

 同レポートによると、近年のセキュリティ対策製品は、検出された事象だけでは真の攻撃か否かの判別がつかないグレーイベントも検知するので、迅速かつ的確に優先度を付けて対応するトリアージが重要だという。一般にセキュリティ事故が発生した場合の事故対応(インシデントレスポンス)において、トリアージを誤ると対応の遅れに直結し、被害が拡大する可能性があるとしている。このため、企業は的確なトリアージができるインシデントレスポンス体制作りに取り組むことが求められるという。

 NRIセキュアでは、サイバー攻撃の一種で機密情報漏洩などを目的としたメールを対象企業の従業員に送付する“標的型メール攻撃”の擬似的な訓練を提供している。この訓練の経験がない場合、従業員の21%に標的型メール攻撃が成立し、一度経験している従業員への成功率は約13%に下がることも確認できたと伝えている。そこで、従業員の“セキュリティアウェアネス”(意識をセキュリティに向けること)が重要となると述べている。

 また、同社では、2012年に公表されたStruts(Javaを用いたWebアプリケーション開発フレームワーク)とPHPの脆弱性を悪用する攻撃を公表後6日で観測したという。こうした攻撃への対策として、修正パッチが未適用の状況でも攻撃からシステムを防御する手段が求められるとし、Webアプリケーションファイアウォールを導入するなど、多層的に防御をする必要性が高まっていると伝えている。

 更に、セキュリティ診断を実施したWebアプリケーションの中で、3割強に危険性の高い問題が検出され、この割合は、過去5年以上ほぼ変化が見られないことも伝えている。セキュリティ対策が十分に取り入れられないままに開発が行なわれていることが原因の1つと推測している。Webアプリケーションをサイバー攻撃から守る手段として、開発段階では脆弱性を排除するための設計・開発ガイドラインの策定、設計レビューを行なう体制の整備やセキュリティ診断、運用段階では多層防御の導入が挙げられると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 「機械学習=面倒」はもう古い、Azure ML活用ソリューションの便利度は 【日立システムズ+他】 QlikView 【クリックテック・ジャパン】 Qlik GeoAnalytics 【クリックテック・ジャパン株式会社】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
ワークフロー データ分析ソリューション BI BI バックアップツール
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 機械学習によるデータ分析は用意が大変で、運用にコストがかかる。そんなイメージを変える「Azure Machine Learning」活用の新サービスが登場した。 購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは? デモ動画で分かる「地理空間分析」、マッピングによる情報分析の実践活用法 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048569



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ