エフセキュア、エクスプロイトへの対応範囲を拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフセキュア、エクスプロイトへの対応範囲を拡大


掲載日:2013/07/12


News

 フィンランド エフセキュアは、同社の新技術により、「ディープガード5」のエクスプロイトへの対応範囲を拡大すると発表した。

 エフセキュアは、同社のセキュリティラボが検出した上位10個のマルウェアのうち、70〜80%はエクスプロイトだと伝えている。同社によると、エクスプロイトは悪意のある、または脆弱性のあるWebサイトを通じて攻撃するという。PCにインストールされたアプリケーションのコードに存在する欠陥を巧みに利用し、PCに侵入してユーザを監視するマルウェアを感染させたり、パスワードや機密データを盗んだり、マシンを乗っ取ったりさえもするとしている。蔓延拡大の主な原因として、エクスプロイトキットの存在が挙げられるとし、エクスプロイトキットを使えば、例え技術が未熟であっても簡単にコンピュータに侵入できると伝えている。 

 「ディープガード5」は、新たに出現する脅威を遮断し、悪用の対象となる脆弱性が明らかでなくとも、エクスプロイトの攻撃を検出することを可能にする。エクスプロイト遮断は同製品に追加された機能で、従来のシグネチャスキャンが抱える弱点(分析した上で防御可能にするために、マルウェアのサンプルが必要)に対応できる。

 エクスプロイテーション防御機能を利用することで、Webブラウザ、プラグイン、Office、Javaといった、悪用されやすいプログラムのプロセスや、WordやPDFといった、文書形式のファイルを開くためのプログラムも監視できる。プログラムが実行されると監視を開始して、悪意のある行為を遅れて行なうマルウェアを見つけるために、プログラムの実行中は監視を続ける。

 同製品の行動解析及びエクスプロイト遮断は、ブラウジング保護、シグネチャスキャン、ファイルレピュテーション、感染率検査を含む、同社のセキュリティレイヤの2つを構成するとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SFAを活用した脱Excelの顧客管理法が営業にもたらす5つのメリット_JUST.SFA 【ジャストシステム】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 【アドビ システムズ】 企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 【アドビ システムズ】 必要なのはWebブラウザとメールだけ、業務プロセスを一気通貫するデジタル化術 【アドビ システムズ】
SFA PKI ワークフロー 文書管理 ワークフロー
名刺管理とSFAをつなげることで実現する「脱Excelの顧客管理法」によって、これまでの営業活動が具体的にどう変わるのか。5つのメリットを取り上げて解説。 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 契約業務を完全デジタル化する方法
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048568



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ