Kaspersky Lab等、企業のアプリコントロールの使用について調査

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Kaspersky Lab等、企業のアプリコントロールの使用について調査


掲載日:2013/07/12


News

 ロシアKaspersky Labは、ビジネス調査を専門にする調査会社B2B Internationalと共同で調査を実施し、企業の57%がアプリケーションコントロールのためのツールを使用していないことが分かったと発表した。

 Kaspersky Labによると、サイバー犯罪者たちは、マルウェアを人気のアプリケーションとして配布するという方法などでシステムを感染させるという。従業員がこのアプリケーションを実行すると、企業のインフラ全体が危険にさらされるため、企業はアプリケーションのインストールと起動に関するセキュリティポリシーを策定し、運用することが重要だと伝えている。しかし、同調査によると、大部分の企業はアプリケーションコントロールを導入せず、17%の企業は新しいアプリケーションコントロール技術の導入に関心がないか、このような技術があることを知らないという。

 また、外付けデバイスやデータ記憶媒体への接続についても同様だという。この問題を理解し、デバイスコントロールツールを導入している企業は44%だということが分かったとしている。

 Kaspersky Labによると、USBデバイスを介して拡散するマルウェアは引き続き脅威となっており、2012年に同社のセキュリティソリューションがブロックしたローカル感染の試行数は30億件を超え、従業員が自由に外付けデバイスを企業ネットワークに接続できる状況では、データ漏洩の可能性も高まると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 飲料販売会社の導入事例から帳票電子化の生産性向上効果を考える 【ウイングアーク1st株式会社】 クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】
暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール 電子帳票システム その他ストレージ関連
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス 北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的 ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048566



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ