エイネット、自治体の災害対策向けビデオ会議パッケージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エイネット、自治体の災害対策向けビデオ会議パッケージを発売


掲載日:2013/07/12


News

 エイネット株式会社は、地方自治体限定で、ビデオ会議とライブ配信システムを組み合わせた災害対策向けのパッケージを7月16日に発売する。

 今回発売されるパッケージは、30拠点まで対応できるサーバ導入型のフルHDビデオ会議「FreshVoice Hybrid」と、その会議を100ヵ所に配信できるライブ配信システム、動画アップロード機能を合わせて提供する。

 災害時に国や都道府県、市町村庁の対策本部30拠点をつないで対策会議を行ない、その映像を公民館など100ヵ所の地域のコミュニティにライブ配信するといった利用方法が想定されているほか、例えば、被災地の状況を地域の人がスマートフォンなどで撮影した動画をビデオサーバにアップロードし、会議資料として活用する機能も備えている。


出荷日・発売日 2013年7月16日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ) 【VTVジャパン】 クラウド型テレビ会議の賢い選び方ガイド 【VTVジャパン】 テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 マネージド・コラボレーションサービス COLLABO de! World 【IIJグローバルソリューションズ】 ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
各種端末やWebRTC対応ブラウザ、UCツールからの接続に対応したメディアプラットフォーム。誰もが自由に利用できるテレビ会議環境を低コストで提供する。 4つの課題・ニーズ別にクラウド型テレビ会議の選び方をガイド! ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。 Skype for Businessのユーザーは、端末側の設定変更や専用ソフトウェアを追加することなく、COLLABO de! Worldのビデオ会議に参加することが可能。 USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048558


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ