日本HP、クラウド環境への対応を強化した運用自動化製品群を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、クラウド環境への対応を強化した運用自動化製品群を発売


掲載日:2013/07/11


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、サーバ管理自動化ツール「HP Server Automation 10」とITプロセス自動化ツール「HP Operations Orchestration 10」、ハイブリッド・クラウド管理ツール「HP Cloud Service Automation 3.2」の3製品を7月9日から順次発売する。

 「HP Server Automation 10」は、サーバ導入から廃棄までのライフサイクル管理を自動化するツール。プロビジョニングやパッチの適用、構成管理、コンプライアンス管理などのタスクを自動化できる。また、VMware ESXiベースの仮想アプライアンス製品「HP Server Automation Virtual Appliance(SAVA)」も提供される。「SAVA」は、エンベデッドのPostgreSQL DBを搭載し、仮想サーバ環境の構成管理に求められるモジュールがパッケージ化されているため、インストール時に煩雑な設定作業が不要で、1時間以内でセットアップできる。

 「HP Operations Orchestration(OO)10」では、ワークフローを使用してデータセンタ内のタスクとプロセスを自動化できる。Amazon EC2/OpenStackなどのパブリッククラウド・リソースや、vCloud Director/Hyper-V/KVMなどの各種サーバ仮想化製品に対するテンプレートが強化され、5000種類を超えるテンプレートが提供される。これにより、オンプレミス/ハイブリッド・クラウドを含め、様々な環境に最適化した運用自動化を容易に行なえる。また、小規模での利用開始を図りたいユーザ向けに、OSインスタンス単位でライセンス金額が決定される“Enterprise O-Node ライセンス”も用意されている。

 「HP Cloud Service Automation(CSA)3.2」では、プライベートクラウドとパブリッククラウドを包括的に管理/自動化/最適化できる。セルフサービスポータルと自動化されたサービスライフサイクル管理を利用して、組織内のクラウドリソース利用の最適化を図れる。また、IT資産管理ツール「HP Asset Manager software」と連携することで、クラウド環境での課金管理機能を備えられ、ハイブリッド・クラウド環境でのサービス課金を容易に構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048546


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ