マカフィー、ビッグデータとセキュリティに関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、ビッグデータとセキュリティに関する調査結果を発表


掲載日:2013/07/11


News

 米McAfee,Inc.(マカフィー)は、ビッグデータとセキュリティに関する調査結果レポートを発表した。

 同調査は、1月に第三者調査会社であるVanson Bourneへ委託され、アメリカで200人、イギリス、ドイツ、オーストラリアで各100人のIT担当上級社員500人を対象に実施された。

 マカフィーによると、データ損失を防ぐには、数分でデータ侵害を検出する必要があるという。今回の調査結果では、回答者の約4分の3(73%)はセキュリティステータスをリアルタイムで把握できると主張し、内部関係者によるリアルタイムの脅威の検出(74%)、ゲートウェイ上の脅威の検出(78%)、ゼロデイマルウェアの検出(72%)、コンプライアンス管理(80%)に自信を持っていると答えた。しかし、昨年セキュリティ侵害にあった企業のうち実際に数分以内にセキュリティ侵害を認識できたのは約4分の1(24%)に留まり、侵害の原因特定を数分以内に行なうことができたのは14%だったという。これらの結果は、組織内のIT部門とセキュリティ専門家の認識に隔たりがあることを示していると伝えている。

 また、同調査では、組織が平均で1週間に11〜15テラバイト(10テラバイトは米国議会図書館の蔵書に相当するデータ量だという)のセキュリティデータを保管していることが分かった。この膨大なデータを、3ヵ月未満しか保管していないという企業が全体の58%を占めた。同社の2012年第4四半期脅威レポートによると、2012年下半期から、ネットワーク内に数ヵ月、あるいは数年にわたり潜むことができる新しいAPTが急増しているという。この種の脅威に対処するには、ビッグセキュリティデータの長期間保存と分析を行ない、パターンや相関関係を解明することが重要だとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】 集計・分析プラットフォーム 「Dr.Sum EA」 【ウイングアーク1st】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
ERP EIP BI BI IPS
各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048520



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ