日立ソリューションズ、位置情報利用の作業員安全支援製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ、位置情報利用の作業員安全支援製品を提供


掲載日:2013/07/10


News

 株式会社日立ソリューションズは、プラントや土木工事現場の危険区域などを対象にした「作業員安全支援システム」の提供を開始した。

 「作業員安全支援システム」は、位置情報と映像・音声を活用して現場作業員の状況をリアルタイムに把握することで、作業員の安全管理や現場把握に加え、事故発生時に迅速・的確な対応を図れる。オンプレミスで導入できるほか、クラウドサービスとしても提供される。

 地理情報システム(GIS)の技術を活用し、GPS(全地球測位システム)で把握した作業員の位置を地図上に一元管理することで、作業員の安全管理を行なえる。作業員が装着したスマートフォンのGPS機能を利用して位置情報をデータセンタに自動送信し、地図画面に表示することで、安全管理責任者が作業員の状況をリアルタイムで把握できる。一定時間、位置が停止した場合にアラート通知をする“異常検知”や、映像と音声を利用して正確な状況を把握することで、迅速・的確な対処指示を行なえる。

 カメラやGPS、音声通話機能を搭載した多機能ヘルメット「Uメット」や、「Uメット」の各機能を簡易防水の筐体に収納し、腰に装着することで重量感を軽減した「U-BOX」などの「U」シリーズ製品(株式会社谷沢製作所製)と連携することで、ハンズフリーで、状況伝達、映像のリアルタイム送信を行なえるほか、着用者が倒れると自動的に管理者側に通報する“倒れセンサ”を利用した異常検知を行なえる。

 作業員の現在位置をGPSで把握し、地図上に表示することで、安全管理責任者が作業員の状況をリアルタイムに把握できる。現場での異常発生をアラートで通知し、迅速な対応を促す。また、位置情報、映像と音声を利用した正確な状況把握を行なえ、有事の際に、安全管理責任者と作業員が音声・映像を使用して緊密に連携することで、迅速で的確な対処を行なえる。

 作業員の位置情報のログを管理し、動いた軌跡を地図上に表示でき、作業実績を振り返ることで、安全管理基準の作成や、事故の再発防止策の作成に利用できる。同システムの基盤には、同社のGIS「GeoMation」を活用している。国土地理院や株式会社ゼンリンが提供する地図に加え、工場のライン設計図やCADデータなど、同サービスの導入現場に合った地図を活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他物理セキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他物理セキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048511


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > その他物理セキュリティ関連 > その他物理セキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ