事例:りそな銀行、CRM DBとMCIFをTeradata 6680に統合

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:りそな銀行、CRM DBとMCIFをTeradata 6680に統合


掲載日:2013/07/10


News

 日本テラデータ株式会社(テラデータ)は、株式会社りそな銀行が、テラデータのデータウェアハウス(DWH)「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6680」(Teradata 6680)を導入し、CRM(Customer Relationship Management)DBとMCIF(Marketing Customer Information File)システムを統合した新たな営業支援DBを構築し、稼働開始したと発表した。

 りそな銀行では、顧客情報を活用した営業戦略立案支援やマーケティング分析を行なうMCIFシステムにTeradata製品を導入していたが、営業支援ツールのCRMシステムでは、DB、アプリケーションともに別システムを利用していた。このため、顧客情報を2つのDBに取り込まなくてはならず、二重管理することの運用負荷や開発コスト増大が問題になっていたという。

 そこで、りそな銀行は、MCIF全体とCRMのDBを「Teradata 6680」に統合し、約1万4000名の社員が営業現場から、また2200台のATMや約230シートのコールセンタ、インターネットバンキングといった顧客チャネルから、同DWHへリアルタイムにアクセスできる環境を構築した。こうして、二重管理していた顧客情報を統合したことにより、新しいサービス・商品の効率的な開発を可能にしたほか、クロスセールスへの取り組みも支援できたという。また顧客データ二重化の解消により、今後のシステム運用・開発コストの削減が期待できるとしている。

 なおTeradata製品としては、従来利用されていたTeradata 5380とTeradata 5450を「Teradata 6680」にリプレースし、Teradata独自の混合ワークロード管理機能であるTASM(Teradata Active System Management)によって、運用管理業務だけではなく、ユーザ業務のニーズに沿った重みづけと優先順位による適したリソース配分を行なったことで、業務の最適化が図れたという。

 これによって、CRMシステムの統合によるユーザ数及び接続端末数の増加に対しても安定的な処理能力を提供できているとしていて、1時間70万件程度のCRMオンライン業務に対し、従来のCRMシステムと同等のレスポンスタイムを達成しているという。

 また同システムは、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行においても共通の個人・法人の営業支援基盤として活用されると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 EMOROCO(エモーショナルCRMソリューション for Dynamics CRM) 【アーティサン】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】
CRM CRM CRM CRM CRM
世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 顧客の感情(心)及び、企業が新しくマーケットインするための情報を“見える化“できる、AIを搭載したCRM。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048495


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ