事例:エドモンド・オプティクス・ジャパン、IPSを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:エドモンド・オプティクス・ジャパン、IPSを採用


掲載日:2013/07/10


News

 株式会社アイ・ピー・エス(IPS)は、同社が提供を開始したSAP ERPの新しいグローバル展開サービスを活用してエドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社が基幹システムを稼働したと発表した。

 エドモンド・オプティクス・ジャパンは、エドモンド・オプティクス社の100%子会社として日本に設立された。現在は光学製品の標準規格品在庫販売の大手グループ。

 今回は、同社グループ企業が各国に持つシステムを統合し、グループを横断したグローバルビジネスを強化するために日本法人のシステム刷新が計画され、SAPジャパン株式会社のアプリケーションとIPSの新しいグローバル展開サービスを選択した。

 同サービスは、IPSが参画する“United VARs”のネットワークと同社のグローバル展開サービス「GlobalOne」により施行され、従来のプロジェクトで見込まれる費用、導入期間の半分以下で本番稼働をしたという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

ERPやCRMなどを統合、クラウド型基幹システムが業務を変える理由 【Shearwater Japan】 中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 連結原価やプロセス製造にも対応、ERPを超える原価管理の実践法 【電通国際情報サービス】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】
ERP ERP ERP ERP ERP
社内に混在する基幹システム……機能ごとにバラバラの状態で本当に良いのか。 中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 この会社は、なぜわざわざERPとは別に原価管理システムを導入したのか 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048493


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ