採用:ASHURASCOPE、Mediariumを藤城清治美術館 那須高原に提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ASHURASCOPE、Mediariumを藤城清治美術館 那須高原に提供


掲載日:2013/07/10


News

 株式会社アシュラスコープインスタレーション(ASHURASCOPE)は、6月15日にグランドオープンした“藤城清治美術館 那須高原”へ、プロジェクションマッピングの「Mediarium」用いた常設展示コンテンツを提供したと発表した。

 今回の常設展示は、影絵作家・藤城 清治氏とASHURASCOPEで共同制作されたもので、影絵のようなグラフィックを映像と融合させる技術(同社の特許技術)を用いた、プロジェクションマッピングの「Mediarium」が使用されている。天井や床などに空間的に施すことで、同氏の作品の中に足を踏み入れたような演出になっているという。

 足元の水たまりを覗きこむと、同氏の作品がゆらめきながら映り込み、上方からの投映により、手をかざすと自分の影が作品の中に入りこんだようにも見えると伝えている。大きな天窓の外からそよ風や風船が室内に流れ込んでくるような演出があり、それと向かい合うように映し出された大きな木では、うつりかわる季節とともに小人たちが楽器を奏でている姿が見えるという。同氏のアトリエを再現した上階に向かって、何もない所に猫のあしあとが現れるようになっているほか、アトリエでは、影絵になる前の線画に投映することで、構想が作品として結実し、広がっていく様子が表現されていると伝えている。

 同技術は、影絵などの平面的な作品と親和性の高い表現が可能なため、“静止した作品”に込められた作家の世界観を生かしながら、“動きのある作品”へと昇華させたものとなっているという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048490


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ