Kaspersky Lab、B2B Internationalと共同で調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Kaspersky Lab、B2B Internationalと共同で調査を実施


掲載日:2013/07/10


News

 Kaspersky Labは、ビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B Internationalと共同で調査を実施したと発表した。

 今回の調査で、世界の企業の30%が最新の自動クライアント管理ツールを導入していないことが分かったとしており、多くの企業は専用ソリューションを使わずに、ソフトウェアやハードウェアの資産管理やソフトウェアのライセンス管理、OSやアプリケーションのアップデートなどの作業を行なっていると伝えている。

 また、14%がクライアント管理ツールを今後も使用する計画はないと答えており、同ツールの導入がサイバー脅威への対策であると捉えられておらず、また特定分野におけるオペレーションの自動化が必要だと考えている企業がそれほど多くないためだと考えられるとしている。しかしこれらのツールの導入は、企業のセキュリティ向上のほか、IT関連の作業負荷やコストの削減にも貢献すると伝えている。

 たとえば、ローカルネットワーク内でOSをリモートインストールできれば、IT担当者が社内のワークステーションまで出向き、端末ごとにインストール作業を行なう必要はないという。しかしクライアント管理ツールを導入している企業のうち、実際にOSのリモートインストール機能を使用しているのは42%で、更にその中でアプリケーションのインストールプロセスを自動化しているのはわずか半分という調査結果であるとしている。その一方で、51%の企業がハードウェア、アプリケーション、ソフトウェアライセンスの追跡システムを自動化していることが分かったという。

 “エクスプロイト”(OSやソフトウェアの脆弱性を利用してシステムに感染する悪意のあるプログラム)からの保護を強化する、アップデートの自動インストール機能を使用している企業は35%にとどまったと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】
プロジェクト管理 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 統合ログ管理
ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048475



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ