日本オラクル、高速なエンジニアド・システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、高速なエンジニアド・システムを提供


掲載日:2013/07/09


News

 日本オラクル株式会社は、データセンタの統合やプライベート・クラウドの導入に適した、高速なエンジニアド・システム「Oracle SuperCluster T5-8」の提供を開始した。

 「Oracle SuperCluster T5-8」は、「SPARC T5-8」サーバや、「Oracle Exadata」で実証済みのストレージ・コンポーネント「Oracle Exadata Storage Server」などのオラクル・ハードウェア製品と、オラクルのDBやミドルウェアを統合し、構築することで優れた性能を達成していて、異なるベンダのハードウェア製品を自社で構築した場合に比べ、DBとアプリケーションの価格性能比が最大10倍に向上している(オラクル調べ)。

 フルラック構成で、256個の「SPARC T5」プロセッサ・コア、16TB超のフラッシュ・ストレージ、数百TBの高速DBストレージ、最大40Gbpsのスループットを備えた“InfiniBand”スイッチ、データ圧縮・重複排除機能を搭載した統合ストレージ製品「Sun ZFS Storage 7320 Appliance」が事前に統合され、DBやアプリケーションに優れたパフォーマンスと適切な構成が提供される。また、単一障害点を排除した設計が採用され、ミッション・クリティカルなDBやアプリケーションに求められる高可用性を備えられる。また、オーバーヘッドが生じない仮想化とセキュリティが装備され、DBやIaaSの機能を備えている。

 「Oracle E-Business Suite」「Oracle PeopleSoft Human Capital Management」「Oracle WebCenter Content」などのオラクル・ソフトウェアやSAPアプリケーションの実行を事前に検証した「Oracle Optimized Solutions」が用意され、アプリケーションやDBのクラウド・サービスの導入期間短縮を図れる。

 16コアの「SPARC T5」プロセッサを最大8個搭載する「SPARC T5-8」を2台収容しているほか、OSに「Oracle Solaris 11」を搭載し、「Exadata Storage Server」や、ミドルウェアの処理を高速化する「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software」、“InfiniBand”スイッチ、「Sun ZFS Storage 7320 Appliance」が事前に統合され、構成を最適化することで導入期間の短縮を図れる。また、仮想化技術「Oracle VM for SPARC」や「Oracle Solaris Zones」を利用することで、アプリケーションを安全に仮想化でき、システムを統合できる。

 最小構成価格(ハードウェア構成のみ)は6467万4000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成価格(ハードウェア構成のみ):6467万4000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048467


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ