日本オラクル、高速なエンジニアド・システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、高速なエンジニアド・システムを提供


掲載日:2013/07/09


News

 日本オラクル株式会社は、データセンタの統合やプライベート・クラウドの導入に適した、高速なエンジニアド・システム「Oracle SuperCluster T5-8」の提供を開始した。

 「Oracle SuperCluster T5-8」は、「SPARC T5-8」サーバや、「Oracle Exadata」で実証済みのストレージ・コンポーネント「Oracle Exadata Storage Server」などのオラクル・ハードウェア製品と、オラクルのDBやミドルウェアを統合し、構築することで優れた性能を達成していて、異なるベンダのハードウェア製品を自社で構築した場合に比べ、DBとアプリケーションの価格性能比が最大10倍に向上している(オラクル調べ)。

 フルラック構成で、256個の「SPARC T5」プロセッサ・コア、16TB超のフラッシュ・ストレージ、数百TBの高速DBストレージ、最大40Gbpsのスループットを備えた“InfiniBand”スイッチ、データ圧縮・重複排除機能を搭載した統合ストレージ製品「Sun ZFS Storage 7320 Appliance」が事前に統合され、DBやアプリケーションに優れたパフォーマンスと適切な構成が提供される。また、単一障害点を排除した設計が採用され、ミッション・クリティカルなDBやアプリケーションに求められる高可用性を備えられる。また、オーバーヘッドが生じない仮想化とセキュリティが装備され、DBやIaaSの機能を備えている。

 「Oracle E-Business Suite」「Oracle PeopleSoft Human Capital Management」「Oracle WebCenter Content」などのオラクル・ソフトウェアやSAPアプリケーションの実行を事前に検証した「Oracle Optimized Solutions」が用意され、アプリケーションやDBのクラウド・サービスの導入期間短縮を図れる。

 16コアの「SPARC T5」プロセッサを最大8個搭載する「SPARC T5-8」を2台収容しているほか、OSに「Oracle Solaris 11」を搭載し、「Exadata Storage Server」や、ミドルウェアの処理を高速化する「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software」、“InfiniBand”スイッチ、「Sun ZFS Storage 7320 Appliance」が事前に統合され、構成を最適化することで導入期間の短縮を図れる。また、仮想化技術「Oracle VM for SPARC」や「Oracle Solaris Zones」を利用することで、アプリケーションを安全に仮想化でき、システムを統合できる。

 最小構成価格(ハードウェア構成のみ)は6467万4000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成価格(ハードウェア構成のみ):6467万4000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「垂直統合型システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「垂直統合型システム」関連情報をランダムに表示しています。

「垂直統合型システム」関連の製品

専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う? 【日商エレクトロニクス】 VMware vSphere、vSAN 【ヴイエムウェア】 ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣 【日商エレクトロニクス】 仮想化環境は本当にコスト削減につながる? 導入前に確認したい損得ポイント 【日商エレクトロニクス】 Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ 【ニュータニックス・ジャパン】
垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
専用ハードウェア搭載で高い圧縮率を実現、次世代VMwareハイパーコンバージドはどこが違う? 基本を見直そう、市場拡大が予測されるハイパーコンバージド ITインフラを1クリックで運用管理――データセンターの複雑化を解消する秘訣 仮想化環境は本当にコスト削減につながる? 導入前に確認したい損得ポイント Nutanixの新たな選択肢、Cisco UCSで構築するハイパーコンバージドインフラ

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20048467


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ